プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブへ行こう

楽ちんドライブ

読売新聞より


(1)正しい運転姿勢 負担軽く

 高速道路料金の割引により、夏休みの旅行の移動手段は車で決まりという人も多いはず。だが、長距離運転と渋滞で疲労、腰痛、車酔いなどがひどくなれば、行楽気分も台無しだ。出発前には道順の確認だけでなく、楽ちんなドライブ方法のチェックもお忘れなく。

 疲れにくいドライブ法は、正しい運転姿勢から始まる。日本自動車連盟(JAF)によると、まずシートに深く腰掛け、ブレーキを最大限に踏み込んでもひざに余裕が残るようにシートの位置を調節。ハンドルを大きく切ってみて背中がシートから離れない程度に、背もたれを垂直に近づける。

 そう。教習所で習った、あの姿勢だ。「窮屈」「格好悪い」などと、背もたれを倒していないだろうか。だが、前が見やすいといった安全面以外に、体への負担を減らせる点でも理にかなっている。

 JAF交通環境部の吉村俊哉さんは「左足をフットレストに置いて踏ん張れるので、山道などのきついカーブで遠心力がかかっても体がぶれない」と利点を強調。

 福島県立医科大整形外科教授の紺野慎一さんも「背もたれを倒し、ハンドルから上体が遠くなると、背筋が曲がり、首や背中の筋肉が緊張する。血流が悪くなって筋肉に十分な酸素が供給されなければ、腰や肩に痛みの原因になる物質がたまる」と注意する。

 ただ、高速道路ではハンドルを大きく切る機会が少ないため、背もたれを少し倒し気味にしてもよい。

 運転姿勢の次はシートベルトの正しい締め方。万一の事故で内臓が圧迫されないよう、腰、胸、肩の骨に密着させる。警察庁が昨年、「交通の方法に関する教則」を改正して妊婦にも着用を求めたが、おなかにベルトが掛からないよう細心の注意が必要だ。


(つづく)
スポンサーサイト

最低賃金

最低賃金じゃ暮らせない…

読売新聞より


9都道府県で「生活保護」以下

 昨年7月の最低賃金法改正で、最低賃金を生活保護水準以上の額とすることが国に義務づけられたが、生活保護水準を下回る「逆転現象」が解消されていないケースが多い。

 厚生労働省の昨年秋の調査では、9都道府県で逆転状況となっており、「食べていけない」という家庭の悲鳴も。引き上げ額の目安を決める中央最低賃金審議会が30日に始まるが、不況の影響で経営側の抵抗が予想され、事態改善への道は険しい。

 最低賃金は物価や賃金事情をもとに都道府県ごとに決められ、これを下回る賃金を支払った使用者には50万円以下の罰金が科せられる。全国平均は時給703円。一方、生活保護費は市町村ごとに厚労相が定める。

 同省が昨年夏、生活保護費を都道府県ごとの平均値に換算した額と、最低賃金とを比較したところ、逆転状況だったのは12都道府県。このうち、青森、秋田、千葉の3県が秋までに最低賃金を引き上げた。現在の状況は同省が調査中。

手取り月8万
 青森県弘前市。縫製工場のパートとして働く赤石景子さん(49)は、10年前から最低賃金と同額程度の給料で生活している。同県の最低賃金は昨年10月、11円上がって630円に。赤石さんの時給も10円アップして630円になった。残業代を含めて月の手取りは約8万円。生活保護と同水準だ。

 3年前に夫を亡くし、家賃が月1万5700円の県営住宅で息子3人と生活。息子たちは病気などで定期収入が望めなかったり、高校生だったりで、「男3人を食べさせられる状況ではない」と赤石さんは語る。洗濯は4日に1度。風呂の湯は3日間使い、入浴剤で水の汚れをごまかす。「高校生の三男が大学進学を望んでも、あきらめてもらう」と言葉少なだ。

気づかぬ例も
 「自分の給料の水準が最低賃金を下回っていても、気づかない例も多い」と、東北地方の労働組合幹部は指摘する。最低賃金は時給で定められており、日給や月給で支払われると、実態が分かりにくくなるためだ。

 東北地方のトラック運転手の男性の場合、日給9000円で1日15時間働いた。時給換算だと600円で、最低賃金よりも約30円低く、生活保護の水準以下。過労で体調を崩し、労組に相談したことで最低賃金以下だったことがわかったという。労組幹部は「労働者の法律の無知につけ込んだやり方は許せない」と憤る。

 同様のケースは首都圏でも。介護施設で働いていた40歳代の女性の時給は800円で最低賃金を超えていたが、施設は人手不足からサービス残業が常態化。月給を実際の労働時間で割ったところ700円以下で、最低賃金に届かなかった。

 今年度の最低賃金は、労使代表と識者による中央と地方の最低賃金審議会の議論を経て、都道府県の労働局長が決める。しかし、不況で「引き上げる状況にはない」(日本商工会議所)と経営側はけん制している。

 同志社大の橘木俊詔教授(労働経済学)は「不況であっても、労働者が生活できる賃金を支払うのが企業の責任だという発想の徹底が必要だ」と話している。


不況による売上減少、人員不足からサービス残業などにより国が定める
「最低賃金」以下での暮らしを余儀なくされている方々が増えているそうです。
ご家族、特に未来ある子供達への影響が懸念されます。
最低限おなかを満たし、教育を受けられる環境すら確約できない状況は
とても悲しいですよね。

メキキリンクでは「天下布等プラン」を通じ、関わる皆様が平等にチャンスを掴める、
そして参加された皆様全員で作っていくビジネス基盤を通じ、
多くの方々にチャンスの扉を提供しています。


http://www.nbtt.jp/mekiki/marke.htm

和菓子

和食のススメ

読売新聞より


(4)和菓子で頭も癒やされる

日本の風物をかたどった和菓子は、季節感たっぷり。豊かな栄養と彩りで、疲れを癒やしてくれる 勉強や仕事で頭を使うと、無性に甘いものが欲しくなる時がある。そんな時、和菓子をつまんでみてはどうだろう。

 和菓子に含まれる砂糖は、素早く消化されて脳のエネルギー源であるブドウ糖になるので、頭の疲れを癒やすにはもってこいだ。ケーキやチョコレートなどに比べ、脂肪を気にせずに食べられるのもうれしい。

 全国和菓子協会専務理事の藪光生さんは、「職場で、午後の休憩時間に和菓子を囲んでみて」と勧める。昼食から数時間たったころにブドウ糖を補給すれば、仕事の効率がアップする。

 また、和菓子には、かしわ餅や月見団子のように、年中行事とのかかわりやいわれのあるものが多い。同僚との話題が広がり、職場のコミュニケーションが円滑になる。

 季節の草花をかたどった練りきりや涼しげな水ようかんなどは、目も喜ばせてくれる。「頻繁に商品が替わるので、時々、店頭をのぞいてみると楽しいですよ」と藪さん。「和菓子は心の栄養」と言うのもうなずける。

 「和菓子の主原料である小豆は、優れた健康食品」と、「体の栄養」を強調するのは、「小豆でぐんぐん健康になる本」(BABジャパン)の著書もある北海道庁職員の加藤淳さんだ。

 小豆に含まれるポリフェノールの量は、赤ワインをしのぐ。ポリフェノールは、有害な活性酸素に対抗する抗酸化物質だ。加藤さんによると、「野菜などのポリフェノールは、ゆでるとほとんど失われてしまうが、ゆで小豆やあんこにはかなり残る」という。

 ほかにもコレステロールを抑えるサポニンや、鉄分、カリウムなどのミネラル類、ビタミンB群など、実に様々な栄養が小さな粒の中に詰まっている。中でも食物繊維は、煮るとさらに増える。

 いいことずくめの和菓子だが、食べ過ぎれば、やっぱりカロリーオーバーの元。おやつや食後のデザートに、適量を楽しみたい。(飯田祐子)

難病の治験

薬剤治験、753億円の基金創設

読売新聞より


厚労省、難病薬など迅速供給
 製薬会社が日本での治験に二の足を踏んでいる難病薬などの実用化を促すため、厚生労働省は、約753億円の支援基金を創設し、50薬剤を選んで治験費用を助成することを決めた。

 助成対象となる薬は、学会や患者団体などから公募する。治験終了後は、通常は約1年かかる承認審査を半年に短縮し、患者への迅速な供給を図る。

 対象となるのは、生命や生活に大きな影響を及ぼす病気の治療薬で、米英独仏のいずれかの国で承認されているもの。「他に治療法がない」「既存の治療法より優れている」など、必要性が高いことが条件となる。未承認薬のほか、国内で承認されてはいるものの、認められた効能と異なる「適応外」の病気に使用する場合も対象となる。

 日本は、海外で認められた薬でも、国内で改めて治験を行わないと承認しない制度を取っている。このため、患者が少ない病気の場合、製薬企業は採算の厳しさから、費用がかさむ治験を見送ることが珍しくない。患者などから、国の支援を求める声が上がっていた。基金の期間は3年間。10月にも有識者会議を新設し、対象品目の選定に入る。


(つづく)

公的年金

公的年金の積立金運用、赤字10兆円…過去最悪に

読売新聞より


 公的年金の積立金の2008年度の市場運用実績が10兆円の損失となったことが26日、分かった。単年度の赤字は2年連続で、赤字幅は過去最大となった。

 08年9月の米証券リーマン・ブラザーズの破綻(はたん)に端を発した金融危機による株価下落や円高が要因で、運用利回りもマイナス10%台に落ち込んだ。厚生労働省は「単年度の赤字で長期の年金給付にすぐ影響がでるわけではない」としているが、今後の年金制度のあり方にも影を落としそうだ。

 公的年金の積立金の運用は、厚労相からの委託を受けた「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が行っている。国民年金と厚生年金を合わせた積立金は約140兆円で、そのうち約90兆円を市場で運用している。運用割合は6割超が国内債券、2割が国内・外国株式、残る1割が外国債券となっている。

 08年度は、第1四半期(4?6月)のみ1兆円の黒字を確保したが、以降は株価下落などの影響を受けて、赤字に転落。第2四半期(7?9月)が4兆円、第3四半期(10?12月)は5兆円と大幅赤字を記録していた。

 厚労省が今後100年の年金財政を検証した「財政検証」では積立金の運用利回りを4・1%に設定した上で、厚生年金の給付水準が「現役世代の収入の5割以上」を確保できるとしている。今回のマイナス10%は目標と大きく乖離(かいり)した結果となっており、このまま運用の低迷が続けば、厚労省の計算通り年金資金が確保できず、将来の給付カットにもつながりかねない。「現役世代の収入の5割以上」は政府・与党の公約でもあり、給付カットとなれば、年金不信がさらに深刻化する恐れもある。

 ただ、今年度に入ってから、株式市場は回復基調にあり、運用実績は改善しつつあるとの指摘もある。

 [解説]株式運用リスク浮き彫り

 公的年金積立金の2008年度の運用が過去最大の赤字を記録したことで、資産の一部を国内外の株式などに振り向けている運用方法のリスクが浮き彫りになった。今後も運用不振が続けば、将来の保険料引き上げや給付カットにつながりかねないだけに、株の比率を下げるなど、より慎重な運用方法に変えるべきだという意見が強まりそうだ。

 厚生労働省は今年2月、積立金の長期的な運用利回りの想定を、04年改革時より0・9ポイント高い年4・1%に上方修正した。想定が楽観的過ぎ、後になって財源不足に陥る恐れがあるという批判が専門家から相次いでいたが、その懸念が一段と強まった形だ。

 政府・与党内では現在、運用成績を高めるために株の比率を増やすことなどが検討されている。こうした動きに、ブレーキがかかる可能性がある。

 国内外の株式を運用資産に組み込めば、長期的には債券より高い運用利回りが実現する可能性がある反面、単年度の運用損が生じるリスクが高まる。この点について、必ずしも国民の十分な理解が得られているとは言えない。年金制度への信頼に響きかねない結果だけに、厚労省は、赤字の原因と責任の所在について、十分に説明責任を果たすべきだ。(社会保障部 石崎浩、政治部 高橋勝己)


(つづく)

骨折しにくい日本人

和食のススメ

読売新聞より


(3)実は骨折しにくい日本人

 骨によい食品といえば、まず頭に浮かぶのが牛乳だ。だが、昔から乳製品を食べる習慣がある欧米に比べ、そうでない日本の高齢者が大腿(だいたい)骨頸部(けいぶ)を骨折する頻度は、半分?3分の1程度にとどまる。

 欧米人よりもきゃしゃで骨の量も少ない日本人が、骨折しにくいのはなぜなのか。国立長寿医療センター研究所(愛知県大府市)の鈴木隆雄所長は、「その理由は、和風の暮らしぶりにある」と見る。

 鈴木さんらが国内の高齢者を対象に行った調査では、伝統的な日本の生活様式を守っていた人は、洋風の生活を送っていた人より骨折が少なかった。布団の上げ下げやぞうきんがけなどが筋力を維持し、転倒を防いでいることに加え、和食の効用が考えられるという。

 実は、和食の食材にはカルシウムが豊富なものが少なくない。干しエビやヒジキ、小松菜などに含まれるカルシウムの量は、牛乳やヨーグルトにひけをとらない。干しエビとヒジキは、カルシウムの半量を摂取するのが理想的とされるマグネシウムも多い。

 さらに、サケやサンマ、干しシイタケに含まれるビタミンDが、カルシウムの吸収を助ける。納豆やほうれん草、春菊などは、骨の形成を促すビタミンKが豊富だ。

 大豆製品には、加齢による女性の骨量低下を防ぐ効果も期待できる。女性ホルモンの減少が骨粗しょう症と密接にかかわっており、大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあるためだ。納豆を多く食べる地域ほど、女性の大腿骨頸部骨折が少ないという調査もある。

 骨折予防には、筋肉を作るためのたんぱく質も欠かせない。鈴木さんは、「骨に良い成分を多く含む食品でも、偏った食べ方ではだめ。肉なども敬遠せず、幅広く食べてほしい」と話している。


(つづく)

カフェインとアルツハイマー症

マウスのアルツハイマー病、カフェインで改善

朝日新聞より


 コーヒーなどに含まれるカフェインがアルツハイマー病の認知症状を改善するとともに、患者の脳に沈着する異常なたんぱく質が作られにくくすることを埼玉医大の森隆准教授ら日米のチームがマウスの実験で確認した。米医学誌「ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズ」(電子版)で発表した。

 研究チームは、アルツハイマー病を発症した生後約18カ月の高齢モデルマウスに、人間で換算すると1日当たりコーヒー5杯に相当するカフェインを水に混ぜて1カ月飲ませ、認知や運動機能テストなど8項目について調べた。

 目的地まで迷子にならないかを調べる実験では、カフェインを飲ませたマウスはミスが減って毎回場所が変わる目的地までの到達時間も早くなり、健康なマウスと同程度の成績だった。水だけを飲んだマウスでは症状は改善しなかった。

 カフェインを飲ませたマウスは、記憶をつかさどる脳の海馬や大脳皮質で異常なたんぱくの沈着が減少。カフェインの投与で異常なたんぱく質を作り出す酵素の働きが抑えられることも分かった。

 森准教授は「人間の疫学調査などで予想されていた症状改善の仕組みが解明できた。マウスではあるが、症状の進行を抑える方法を考えるうえで有効なデータだと思う」と話している。(竹石涼子)


カフェインがアルツハイマー症の症状を抑える働きがあるんですね。
実用化されればうれしいニュースです。
国内だけで今後数百万人の患者さんとそのご家族の労苦を少しでも和らげていければ良いですね。

メキキリンクでは、栄養機能食品「速冴え」を通じ、
頭の健康をはじめ、前もってトラブルを回避できる環境作りに貢献できる
贅沢三昧な素材の組み合わせを提供しています。
大手製薬会社が作る安心、信頼のサプリメント「速冴え」
是非ご愛用下さい。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm

かつおだしと疲労回復

和食のススメ

読売新聞より


(2)カツオだしで疲労回復

 和食に欠かせない昆布やカツオなどの「だし」。そば店の前などで、ふんわりと漂う香りに、食欲をそそられたという人も多いだろう。

 中でもカツオだしは、味や香りが良いだけでなく、疲労回復効果もあることが分かってきた。

 「味の素」(本社・東京都中央区)が2005年に行った調査では、みそ汁約8杯分のカツオだし(カツオ節25グラム相当)を毎日飲み続けた人たちは、飲まなかった人たちに比べ、3週目には目の疲れや肩こりなどの症状が改善していた。さらに、精神的な疲労も軽減させるほか、肌の水分量を保ち、透明感がアップするというデータもある。

 パソコンと長時間向かい合うような人にはうれしいことずくめだ。同社健康基盤研究所の石崎太一主任研究員によると、「これらの効果は、カツオに含まれるアミノ酸やミネラル、ビタミン類などの成分が複合的に働くことにより、血液の流動性が高まって血行が良くなるため」という。

 手軽な顆粒(かりゅう)だしでも「血液さらさら効果」が得られると聞けば、早起きしてみそ汁を作る意欲もわきそうだ。

 一方で、汁物は塩分が気になるという人もいるだろう。

 だが、福岡女子大学の早渕仁美教授(栄養健康科学)は、「献立に汁物を加えると、塩分が多くなるわけではない。むしろ、だしのうま味を生かすことで、塩分を減らす効果もある」と話す。

 同じ量の豚肉と野菜を使って豚汁定食と肉野菜いため定食を作った場合、豚汁定食の方が塩分が低い。さらに、エネルギーは70キロ・カロリー分、脂質は約半分にまで抑えられた。

 カツオ節の消費量が多い地域ほど、食塩の摂取量が少ない傾向があることも、だしの減塩効果を裏付ける。「だしの力」を見直して、食生活の中に上手に取り入れたい。


(つづく)

食と健康

和食のススメ

読売新聞より


(1)ご飯中心で食生活改善

 忙しい毎日で、バランスの良い食生活を実践するのはなかなか難しい。管理栄養士の幕内秀夫さんは、「まずはご飯中心の食事にすること」とアドバイスする。

 たとえば朝食なら、主食を米飯にすると、みそ汁や納豆、アジの干物、小松菜のおひたしなどを取り合わせるようになる。大豆からはマグネシウムやビタミンB1、アジからはビタミンDやカリウム、小松菜からは鉄分やカルシウムなど、現代の食生活で不足しがちなビタミン、ミネラルが摂取できる。食物繊維も豊富。バターを塗ったトーストとハムエッグ、ドレッシングをかけたサラダという献立に比べれば、脂質が抑えられていることがよく分かる。

 米飯中心の献立にすると、自然と旬の魚介や野菜などが食卓に上るようになる。面倒な栄養素の計算などしなくても済むからありがたい。

 ご飯自体の長所も見過ごせない。炭水化物のほか、たんぱく質や亜鉛、マグネシウムも含まれる。玄米や分づき米、胚芽(はいが)米にすれば、ビタミンE・B群や食物繊維がさらに増える。また、ご飯は製粉せずに粒のまま口にするため、よくかむ必要があり、脳の血流アップなどの効果が期待できる。ゆっくり消化されるので、血糖値の上昇も緩やかだ。

 仕事が忙しい時などは、おにぎりがおすすめ。最近では玄米や、カルシウム、鉄分が豊富な雑穀を混ぜたものも手軽に買えるようになってきた。

 自宅でご飯をおいしく食べるには、どんな点に気をつければよいのか。米穀店の団体が認定する「五ツ星お米マイスター」の市野沢利明さんによれば、米を洗う際は、あまりごしごしこすったり、水が澄むまですすいだりするのは禁物。「米粒の表面に集まったうまみが流れてしまう」ためだ。優しく洗って3回ほど水を換えれば十分だという。

 精米後、半月以内に食べきるのが理想。長期間保存する場合は酸化を防ぐため、洗って乾かしたペットボトルに詰めて冷蔵庫で保存するとよい。


(つづく)

カビにご注意

梅雨を快適に

読売新聞より


(4)空気を循環 カビ予防

 雨の日が続くと、洗濯物を部屋の中に干すことが多いが、部屋の湿度が上がり、カビの発生が気になる。壁や衣類に生えたカビは見て不快なうえ、ぜんそくや鼻炎などのアレルギー症状を引き起こす。体力が落ちていると肺炎になる恐れもある。

 カビは湿度が80%を超えると発生しやすくなり、90%台になると繁殖が加速する。NPO法人「カビ相談センター」(横浜市)の高鳥浩介理事長は「目に見えるのは数日?数週間かけて大量増殖し、菌糸を深く伸ばしてから。だが、こうなると除去しにくい。目に見えない段階での対処が重要」と語る。

 そのためには、晴れた日に窓を開けて換気し、雨の日もクーラーの除湿機能を使って部屋全体の湿度を下げる習慣が欠かせない。風呂や料理も部屋の湿度を上げる要因となるので、換気扇を回して湿気を外に逃がそう。

 民間研究所の「衛生微生物研究センター」(東京都葛飾区)の李憲俊所長は「部屋の場所によって湿度が異なることにも注意してほしい」と強調する。平均湿度が60%でも、空気がよどんでいると、壁の四隅の湿度は100%近くなる。扇風機を回すなどして空気を循環させよう。棚を壁から離したり、タンス内の洋服数を減らしたりして、空気を通り抜けやすくするのも手だ。

 李さんは、「前年にカビが見つかった場所は今年も生える可能性が高い。カビとり剤をかけたり何度もふいたりして、再び生えないように気を付けて」と助言する。風呂の天井に生息するカビも要注意。天井ではカビが点在しているために見つけにくいが、胞子を空気中に放ち続けている。風呂掃除のたびにモップでふき取るのがおすすめだ。(滝田恭子、米山粛彦)


(つづく)

ドクターヘリ

ドクターヘリの導入で会社悲鳴、運航費持ち出し

朝日新聞より


国想定240回、実態はそれ以上…補助金で賄えず
 医師を乗せて事故や災害の現場に急行する「ドクターヘリ」を導入している全国18の病院のうち、12病院で国が想定する出動回数を大幅に上回り、公的な補助金だけでは運航費をまかなえていないことがわかった。

 2001年4月に国内に初めてドクターヘリが導入されてから8年余り。普及に向けた課題を探るため、救命救急の最前線をルポした。(関俊一)

 「野田、交通外傷。野田、交通外傷」――。6月9日午後0時28分、千葉県印旛村の日本医大千葉北総病院のドクターヘリ運航管理室に、同県野田市の消防本部から出動要請が入った。

 現場は30キロほど先の同市内。20代の女性がマイクロバスにはねられ、頭に大けがを負った交通事故だった。松本尚医師(47)と星島洋子看護師(29)が病棟から呼び出され、ドクターヘリに走り込む。要請から3分後、ヘリは現場へと出発した。

 「事故の状況は?」。機内では松本医師が無線で現場と連絡を取り合う。13分後、ヘリが現場から数百メートルの小学校の校庭に着陸すると、女性が救急車から機内に運び込まれた。頭部の出血が激しく、意識もほとんどない。松本医師と星島看護師はヘリが飛び立つと、容体を確認しながら点滴を施し始めた。

 二十数キロ離れた筑波メディカルセンターに降り立ったのは、午後1時9分。出動要請から約40分、事故発生から約50分というスピード搬送だった。

 同市内には、高度な救命救急にあたる「3次救急病院」がなく、救急車だと筑波メディカルセンターまで40分ほどかかる。女性は当日中に意識を取り戻したが、事故の処理にあたった野田警察署の幹部は「負傷したのは頭部。搬送に手間取っていたら危険だったかもしれない」と指摘する。

 同病院がドクターヘリを導入したのは01年10月。08年4月に全面施行された特別措置法では、1病院あたりの出動回数を年240回と想定し、国と自治体から年間一律に1億7000万円が補助されるようになった。しかし同病院の昨年度の出動は全国最多の663回。240回を超える出動の費用数千万円は運航を請け負う「朝日航洋」が負担する。「公益性と将来性を見込んで始めたが、このままでは続けられない」。同社の担当者はそう訴えた。

 ドクターヘリが01年4月に全国で初めて導入されてから、昨年度は16道府県の18病院で5635回出動した。うち1181回が交通事故への出動で、交通事故死者減少の一因ともされているが、日本航空医療学会によると、1病院あたりの平均出動回数は313回で、12病院で国の想定する240回を超えた。

 岡山、静岡両県でドクターヘリを運航する「セントラルヘリコプターサービス」は昨年度、約1億4000万円の持ち出し。6病院のドクターヘリを運航する「中日本航空」も、うち1病院から超過分の一部を補填(ほてん)してもらっているが、「それでも赤字」と頭を抱える。

 運航会社でつくる全日本航空事業連合会ヘリコプター部会では年240回という出動の想定を見直すよう国に求めており、厚生労働省は「来年度以降、見直しも含め検討する」としている。

 ドクターヘリを巡ってはヘリポートや格納庫の整備のほか、医師の育成といったソフト面の課題も山積している。こうした問題点を話し合おうと、NPO法人「救急ヘリ病院ネットワーク」(理事長・国松孝次元警察庁長官)が今月27日、東京都内でシンポジウムを開催する。問い合わせは同ネットワーク(03・3264・1190)へ。


公益と費用負担の問題は色々な分野で出て来ます。
人命に関わる事もその例外ではありません。
誰もが関わる可能性のある問題ですから、良い方向で議論してもらいたいですね。

健康も日々のケアが大切です。
「速冴え」摂って明日からの一週間、頑張りましょう。


http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm

携帯電話ひじ

長電話「ケータイひじ」にご注意 米医学誌に論文

朝日新聞より


 【ワシントン=勝田敏彦】携帯電話の長時間使用で、手や腕のしびれや痛みを訴える人が増えている。ひじを鋭角に曲げ続けていると起きる症状で、全米有数の医療機関の一つクリーブランド・クリニック(オハイオ州)のチームが、注意を呼びかける論文を同クリニックの学術誌に発表した。

 論文によると、「肘部管(ちゅうぶかん)症候群」または俗に「携帯電話ひじ」と呼ばれる症状で、ひじの内側を走る神経(尺骨神経)が圧迫されるのが原因。

 ひじを曲げて使うのは固定電話でも同じだが、チームのピーター・エバンス博士は「電話が一家に1台のころは、そんなに電話はしなかった。だが今は、街を行く多くの人がひじを曲げて携帯で話しているし、携帯を持ったまま寝てしまう人もいる。ここ数年、症状を訴える人が増えた」と指摘する。

 症状が進むと、指が曲がらなくなったりする。尺骨神経の位置をずらす手術も行われている。論文は、携帯電話を持つ手を左右でときどき替えたり、ハンズフリー装置を使ったりすることを勧めている。



思わぬ生活習慣がもたらす症状ですね。
実際の生活習慣病と同じく、蓄積された疲労は怖いですね。

週末も「速冴え」摂って梅雨を乗り切りましょう。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm

臓器移植と人の死

臓器移植A案「脳死は死」「家族承諾で」「何歳でも」

朝日新聞より


 臓器移植法の改正A案は06年、脳死になった人からの臓器提供を増やすことを目指す自民党の中山太郎衆院議員らが提出した。最大の特徴は、脳死を人の死とすることだ。そうすることで、脳死になった時に臓器を提供しようと考えていたかどうかがはっきりしない人からも、家族の承諾で提供できるようにする。

 現行法では、本人があらかじめ提供の意思を書面に示していなければ、脳死になったとしても、家族も医療機関も、提供の手続きを進められない。つまり、人が脳死になっても、必ずしも死んだことにならないと整理している。本人の意思が書面という確かな形で残されているかどうかがポイントだ。

 現在の制度は、脳死をめぐる様々な立場の人たちが議論を重ねて一致点を見いだし、97年に制定された。それだけ高いハードルを設けてある。A案は、提供を拒む権利を認めるものの、死を巡る基本的な立ち位置を変える。

 これまで脳死での臓器提供は年に10件前後だった。本人の意思を確かめる手立てとして用意された意思表示カードが思うように普及せず、臓器提供が大きく増えなかったとされている。昨年の内閣府世論調査では「脳死になったら臓器提供する」と記した人は約4%だった。

 A案が参院でも支持を集めて成立すれば、カードがなくても臓器提供できるようになるので、提供件数が増えると、移植にかかわる医師らはみている。ただ、衆院で「脳死を死とすることに社会的合意がない」といった反対意見が相次いだように、参院でも厳しい議論が予想される。


(つづく)

梅雨のダニ対策

梅雨を快適に

読売新聞より


(3)ダニ駆除 カーペット裏も

 カーペットに付いたほこりを掃除機で吸い取ると、1平方メートル当たり数百匹のダニがいる――。元埼玉県衛生研究所室長で、害虫駆除業を営む高岡正敏さんが、相談を受けた家庭で調査すると、こんなケースが珍しくない。

 健康に暮らすためのダニの目安は30匹以下。取れた害虫のうち8?9割を占めるのがチリダニだ。人は刺さないが、その体内やフンにはアレルギーの原因物質が含まれ、吸い込むと、ぜんそくや鼻炎、皮膚炎などを発症する。

 気温が25度前後で、湿度が65%以上になると増えやすく、これからがシーズン本番。気密性の高い住宅が多くなった結果、屋内にいるダニも年々増加している。餌は、人間のフケやアカ、食べかすだ。チリダニを減らすには、部屋の湿度上昇を換気で抑え、こまめな掃除が欠かせない。

 「カーペットの裏面には表面の何倍ものダニがいたりする。座布団の裏面、ソファや棚の裏側も見落とさずに掃除機をかけて」と、高岡さん。チリダニの増加に伴い、刺されると、かゆみが出るツメダニも増える。ツメダニは主に畳に生息し、チリダニを食べて生きているからだ。発生を抑えるには、畳を年に一度上げ、裏面や床の掃除をするのが望ましいという。

 布団の中にいるダニも見逃せない。日本環境衛生センター課長代理の橋本知幸さんは、晴れた日は毎日布団を干して乾燥させ、取り込んだ後は掃除機で吸い取ることを勧める。

 ベッドマットの掃除も忘れずに。掃除機の先端につける布団専用のローラーも売られている。しかし、掃除機で布団に潜むダニすべてを取り切るのは難しい。橋本さんは「アレルギーの原因物質は水に溶けやすい。布団を使う前や使い終わった後には丸洗いを」と助言している。


(つづく)

食中毒にご注意

雨を快適に

読売新聞より


(2)お弁当素手で詰めない

 気温が上がる6月から9月は、食中毒が起きやすい。原因となる細菌が30?35度でよく増えるからだ。

 魚介類に付着する腸炎ビブリオは増殖スピードが速い。温度条件が合うと、1個の細菌が10分で2個に分裂。100万個程度で食中毒を起こすが、においや色、味では判断できない。最近は鶏肉に多いカンピロバクターによる食中毒も増えている。鶏肉は表面が焼けていても、中心部まで火が通っていないことがあるので要注意だ。

 この季節は、食品を腐らせる細菌も増える。女子栄養大学短期大学部教授の廣末トシ子さんは、「細菌は10度以下だと増えにくい。冷蔵庫や冷凍庫で保存し、食べる時は食品の中心部を85度で1分以上加熱すること」とアドバイスする。保存の際は、肉や魚がほかの食品と触れないように、ラップなどでしっかり包む。

 カレーは室温で放置しておくと傷む。鍋ごと冷水につけたり、冷えた容器に小分けにし、温度を下げて冷蔵庫へ。温め直す時は十分に熱が通ったかどうか、確認しよう。

 お弁当は、どんな点に注意したら良いのだろう。鎌倉女子大学教授の吉田啓子さんは「具材についている菌が混ざりあって増殖しないように、ご飯とおかずは別々の容器に。素手で詰めずに、はしやスプーンを使ってください」と助言している。

 細菌が広がるのを防ぐため、手洗いはもちろん、包丁やまな板は洗剤で洗った後に熱湯で消毒する。スポンジやふきんも、お湯をかけて絞り、よく乾かそう。

<お弁当作りの注意点>
・五目ご飯、そぼろご飯、ピラフは、白米に比べて傷みやすい。梅干しは腐敗防止に効果がある

・焼き魚や揚げ物など汁気の少ないシンプルなおかずを中心にする

・加熱していない野菜は避ける。ポテトサラダに生のきゅうりを混ぜたり、サンドイッチに生野菜と卵を一緒にはさまない

・ハムや練り物も火を通す

・のりとおにぎりは別に用意し、食べる時にまく。ふりかけも食べる直前にかける

・保冷剤は弁当箱の上に置く。冷気は下へ流れる

・学校や職場に冷蔵庫があれば冷蔵庫に入れ、食べる直前にレンジで加熱する

(吉田さんの話から)


(つづく)

梅雨時の体調管理

梅雨を快適に

読売新聞より


(1)体を温め体調管理

 じめじめして、体調を崩しがちな梅雨の季節。快適に過ごすアイデアは?

 「雨が降ると古傷が痛む」、「憂うつな気分になる」……。愛知医科大学病院・痛みセンターで診察する名古屋大学准教授の佐藤純さんは、こういった訴えを聞くことが多い。

 そこで、骨折後の慢性痛に悩む患者に、梅雨時の気圧や気温を再現する部屋に入ってもらうと、気圧が下がり始めた直後に痛みがひどくなった。下がりきると痛みは和らいだが、気圧が上がり始めるとまた痛んだ。

 同様の現象は関節炎や神経障害、うつ症状でも現れることが、ラットの実験で確認されている。「痛みが強まるのは内耳が気圧変化を感知し、自律神経のバランスが崩れて交感神経が興奮するため」と、佐藤さん。

 梅雨時は寒暖の差が激しかったり、空調によって室内が冷えすぎたりすることも多い。佐藤さんは「寒くなると痛みは悪化する。体を温めるように」とアドバイスする。

 体温を上げるためには、朝食が欠かせない。心身の不調に効く食事をテーマに、都内で料理教室を開く食事カウンセラーの笠井奈津子さんは「消化器官が弱りやすいので、パンよりも脂質の少ないごはんのほうが良いでしょう」。ナスやトウモロコシは体を冷やすので、梅雨明けまでは火を通してから食べよう。

 自律神経のバランスを整えるには、入浴も効果的。37?40度のぬるめのお湯に入るとリラックスできる。東京ガス都市生活研究所主幹研究員の興梠(こおろぎ)真紀さんは「みぞおちから下だけつかる半身浴を20分以上するのが理想。忙しい時は5分間、肩まで入ると血行が良くなる」と言う。体が温まり、湯上がりの発汗を抑える薄荷(はっか)湯もおすすめだ。



(つづく)

体のにおい対策

体のにおい対策

読売新聞より


(4)加齢臭 ストレスも要因

 体臭は年齢によって変化する。中高年になると気になるのが加齢臭だ。

 年を重ねると、皮脂腺から出る脂肪酸の一種、パルミトオレイン酸が増え、同時に、皮膚のシミなどを作る過酸化脂質も増える。過酸化脂質によってパルミトオレイン酸が分解されると「ノネナール」という加齢臭になる物質ができる。

 ノネナールを10年前に突き止めたのが資生堂研究所。「40歳過ぎから加齢臭がするようになってくる。性別に関係なく、加齢臭はあるが、女性のほうが体や服を清潔に保つよう努めるため、男性のほうがにおいやすい」と同研究所香料顧問で加齢臭を研究した中村祥二さん。

 加齢臭対策には、体を清潔にするのはもちろんだが、ストレスや慢性の病気などで体に負担をかけないことが大切だ。負担がかかると過酸化脂質が増えるからだ。

 また、香料や、酸化を抑える成分が入ったボディーソープなどの商品も市販されている。

 昨年、加齢臭とは異なる30歳代男性のにおいとして脂肪酸の一種「ペラルゴン酸」が特定された。解明したライオンビューティケア研究所によると、30歳代の男性は皮脂の分泌がピーク。首や胸、背中から分泌された皮脂が酸化してペラルゴン酸になる。使い古した食用油のようなにおいだという。

 同研究所研究員の平林令稔(のりとし)さんは、「30歳代はストレスも多く、そうした要因が合わさって皮脂が酸化しやすくなるのでは」と推測する。

 植物の種子の抽出液が酸化の抑制に効果があることが分かっており、こうした成分が含まれるスプレーなどが市販されている。ただ、スプレーは噴霧しすぎると肌をいためることもある。においが気になり出したら、におい対策のせっけんなども併用するといいだろう。
(小野仁)


(つづく)

アルツハイマーとたんぱく質

アルツハイマー病関連のたんぱく質、阪大グループ発見

朝日新聞より


 アルツハイマー病に関係するとみられるたんぱく質を、大阪大の研究グループが新たに見つけた。このたんぱく質の量の変化を調べることで、早期診断に利用できる可能性があるという。欧州分子生物学機構の学術誌(電子版)で10日発表する。

 脳神経細胞が死んでいくアルツハイマー病は、体内で「アミロイドβ(ベータ)」というたんぱく質が増えて、脳に老人斑と呼ばれる特徴的な染みをつくる。脳を守る脳脊髄(せきずい)液などからこのたんぱく質の量の変化を調べ、診断につなげる研究が進んでいる。だが、多くが脳に蓄積されてしまうアミロイドβは、特に初期段階では量の変化がわかりにくく、病気の早期発見が難しいことが課題だった。

 阪大の大河内正康講師(精神医学)らは、脳に蓄積しない性質を持つ「APL1β」というたんぱく質が、患者の脳脊髄液にあるのを発見した。このたんぱく質の増加と病気の進行度が一致していることもわかった。さらに追跡調査で、このたんぱく質は発症の少なくとも2?3年前から増え始めることも突き止めた。これを目印にすれば、アルツハイマー病の早期診断に使える可能性があるという。

 大河内さんは「脳脊髄液は腰に針を刺して採取する必要があるが、診断自体はすでに実用化できるレベルにある。早期診断が実現すれば、将来アルツハイマー病になるのを防いだり、遅らせたりする治療法の開発にもつながるはずだ」と話している。(田之畑仁)


(つづく)

食生活と体臭

体のにおい対策

読売新聞より


(3)腸の善玉菌 増やす食事を
 体臭を予防する上で、気をつけたいのが食生活。腸内の環境を改善し、においの元となる腐敗物質を抑制したい。

 腸は食べ物を消化したり、栄養分を吸収したりする働きがあり、100種類以上、100兆個の細菌が存在する。うち腸の働きを活発にするビフィズス菌などの善玉菌と、病気を起こしたり、老化を早めたりするウェルシュ菌などの悪玉菌がいて微妙なバランスを保っている。悪玉菌が増えると、においの元となる腐敗物質が発生し、口臭や体臭がきつくなりやすい。

 日本獣医生命科学大名誉教授(食品衛生学)の寺田厚さんは、「悪玉菌は肉類など動物性たんぱく質や脂肪を好む。和食中心のバランスがとれた食事が大事」と指摘する。

 ステーキや焼き肉など肉類を多く食べると、動物性たんぱく質などが、腸で悪玉菌に分解され、アンモニアや硫化水素、インドールなど悪臭の元となる腐敗物質ができる。これが、便と一緒に排せつされたり、血液に吸収され、肺を通じて息にまじったりして、においを発する原因になる。

 善玉菌は、悪玉菌と闘って腐敗物質の発生を抑えることができる。善玉菌を増やす食生活をこころがけたい。

 まずあげられるのがオリゴ糖。善玉菌の一つであるビフィズス菌のえさになって、善玉菌を増殖させる効果がある。粉末として市販もされている。断続的ではなく継続して摂取すると、少しずつ腸内環境がよくなる。

 ヨーグルトなど発酵食品に含まれる乳酸菌は、善玉菌が好む酸性の環境を作り、もともと腸内に常在する善玉菌を増やす働きがある。加熱されて死んだ菌はビフィズス菌のえさになる。納豆は納豆菌を含み、乳酸菌と同様に善玉菌が好む環境を作る働きを持つ。

 食物繊維は、腸内の腐敗物質を排出して減らす働きがある。

 腸の働きは生活習慣にも影響されやすい。不規則な生活や過度の飲酒、ストレスで働きが悪くなる。寺田さんは「体調を整え、腸に負担をかけないことが大切」と話す。

善玉菌を増やすための食材
■オリゴ糖
ゴボウ、大豆、タマネギ、ネギ、アスパラガス、バナナ
■発酵食品
ヨーグルト、ケフィア、納豆、キムチ、漬物
■食物繊維
カンピョウ、切り干し大根、干しシイタケ、ヒジキ、アズキ、きな粉


(つづく)

足を清潔に

体のにおい対策

読売新聞より


(2)足の指 1日1回洗おう

 足の裏にはエクリン汗腺が多く、汗をかきやすい。そのままにすると、蒸れて角質がふやける。雑菌が増えて、角質のたんぱく質などを分解してにおいが出る。水虫にもなりやすい。

 足は、靴下や靴で密閉され、雑菌が繁殖しやすい高温多湿の環境下にある。梅雨や夏は特に注意が必要だ。

 また、足の裏は手の平と並んで緊張する時に汗が出やすい部位でもある。深呼吸するなど自分なりのリラックス方法を実践したほうがいい。

 足の形によって蒸れやすい人もいる。足全体がズングリして丸い、指の間にすき間がない、指先が太くて短いなどの人は、注意が必要だ。足の指をあまり動かせない人も同様だ。

 足は顔や手などと異なり、頻繁に洗ったり、ふいたりできないから厄介だ。普段、他人からも見えない部位なので、風呂に入る際、つい洗うのがおざなりになることも。

 1日1回、帰宅後は必ず洗おう。蒸れやすい指の間は丁寧に洗う。タオルで水分をふきとり、しっかり乾かすことも大事だ。

 東邦大客員教授(皮膚科学)の斉藤隆三さんは「厚い角質は軽石などで無理に削らないほうがいい」と指摘する。角質には皮膚の水分を保つ役割があり、削ると皮膚が乾燥して、傷つきやすくなるからだ。

 仕事で歩くことが多かったり、足の汗をかく量が多いと感じたりする人は、可能なら1日はき続けずに会社内ではサンダルをはくなど靴をぬぐ機会を作ったほうがいい。

 靴は2、3足を交互にはく。汗のかき具合にもよるが、はいた後、1、2日は風通しのよい場所で陰干しして湿気を取ることが大切だ。ビニール製を避け、通気性に富んだ皮革やメッシュを選んだほうがいい。靴が小さく、きついとむれの原因になる。足の大きさに合ったものを選ぼう。


(つづく)

汗とにおい

体のにおい対策

読売新聞より


(1)汗かいたら さっとふく

 夏になると汗ばんで体臭が気になる。体のにおい対策を考える。

 成人は安静時に1日200?400ミリ・リットルの汗をかくといわれている。汗は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という二つの汗腺から出る。エクリン汗腺は体温調節をする役割があり、体全体に分布する。水分がほとんどで無臭だ。ただ、わきの下や首回りなどが汗でぬれたままだと、皮膚の角層、いわゆるアカがふやけ、皮膚表面の雑菌の栄養源になり、においの原因となる。

 アポクリン汗腺は、わきの下など特定の部位にあり、動物がにおいを出す芳香腺の名残といわれる。汗は無臭だが、成分に脂質やたんぱくが含まれており、空気に触れて酸化したり、雑菌に分解されたりすると体臭のもとになる。汗腺とは別に皮膚に潤いを与える皮脂腺もある。汗と同様に皮脂腺から出る皮脂が雑菌に分解されて、体臭の原因になる。

 皮膚を清潔にして雑菌を抑制することが体臭防止の近道。筑波大准教授(皮膚科学)の川内康弘さんは「雑菌を増やす湿度、温度の上昇と栄養分の3要素に注意してほしい」と指摘する。

 まず、なるべく汗をかかないように。風通しのよい服装がよく、クールビズにしたり、吸水性のある綿素材の服を選んだりすること。

 洗顔のほか、汗をかきやすい首筋などをこまめにふく。ごしごしこすると皮膚をいためてしまうので、さっとふき取る。一度ぬらしてからしぼったタオルを使う。乾いたタオルは、汗や汚れを残してしまうからだ。

 水分を控えると汗をかかないというのは誤解だ。熱中症や脱水症状を起こしてしまう。汗をかいた場合はむしろ、水分をとる。服装に気を付けたり、汗をふいたりといった基本に徹すべきだ。


(つづく)

ちょい太がベスト?!

やっぱり「ちょい太」、やせ形より7年長生き…厚労省調査

読売新聞より


 40歳時点の体格によってその後の余命に大きな差があり、太り気味の人が最も長命であることが、厚生労働省の研究班(研究代表者=辻一郎東北大教授)の大規模調査で分かった。

 最も短命なのはやせた人で、太り気味の人より6?7歳早く死ぬという、衝撃的な結果になった。「メタボ」対策が世の中を席巻する中、行きすぎたダイエットにも警鐘を鳴らすものといえそうだ。

 研究では、宮城県内の40歳以上の住民約5万人を対象に12年間、健康状態などを調査した。過去の体格も調べ、体の太さの指標となるBMI(ボディー・マス・インデックス)ごとに40歳時点の平均余命を分析した結果、普通体重(BMIが18・5以上25未満)が男性39・94年、女性47・97年なのに対し、太り気味(同25以上30未満)は男性が41・64年、女性が48・05年と長命だった。しかし、さらに太って「肥満」(同30以上)に分類された人は男性が39・41年、女性が46・02年だった。

 一方、やせた人(同18・5未満)は男性34・54年、女性41・79年にとどまった。病気でやせている例などを統計から排除しても傾向は変わらなかった。やせた人に喫煙者が多いほか、やせていると感染症にかかりやすいという説もあり、様々な原因が考えられるという。

 体格と寿命の因果関係は、はっきり分かっていない。このため、太り気味の人が長命という今回の結果について、研究を担当した東北大の栗山進一准教授は「無理に太れば寿命が延びるというものではない」とくぎを刺す。

 同じ研究で、医療費の負担は太っているほど重くなることも分かった。肥満の人が40歳以降にかかる医療費の総額は男性が平均1521万円、女性が同1860万円。どちらもやせた人の1・3倍かかっていたという。太っていると、生活習慣病などで治療が長期にわたる例が多く、高額な医療費がかかる脳卒中などを発症する頻度も高い可能性があるという。


メタボが諸悪の根源なのか、やせていれば良い事なのか、
いずれにしても極端の走ってはいけないと言う事ですね。
適度に栄養がいきわたった状態が理想ですが、ストレスの多い世の中で、
我々の体も知らず知らずに蝕まれています。

メキキリンクの「速冴え」は、体の流れを好条件にする贅沢三昧の素材の組み合わせが自慢です。
商品詳細は今夜のオンラインセミナーで!

http://www.nbtt.jp/mekiki/vinca2.htm#vinca

脳梗塞

脳梗塞 血栓溶解療法 実施に差

読売新聞より


使用は発症直後 連携がカギ

 脳卒中を発症する患者は、年間約33万人。死亡者は約13万人で、日本人の死因では、がん、心臓病に次いで多い。

 読売新聞は、日本脳卒中学会の認定研修教育病院、日本脳神経外科学会の専門医訓練施設、日本脳神経血管内治療学会の認定研修施設の計707施設に対し、2008年1年間の治療実績についてアンケートし、466施設から回答があった(回答率66%)。

 脳卒中には、血の小さな塊(血栓)が脳の血管に詰まる「脳梗塞(こうそく)」、動脈にできたこぶが破れて、くも膜下に流れ込む「くも膜下出血」、脳内の細い血管が出血する「脳出血」がある。一覧表には、それぞれについて、入院して治療を受けた患者数を示した。紙面の制約から、合計の患者数が300人以上の施設(該当施設のない県は患者数が最多の施設)を掲載した。

 くも膜下出血の治療は、破裂した血管のこぶの根元を金属で挟んで再出血を防ぐ手術(クリッピング)や、脚の付け根の血管から脳まで細い管を通し、破裂したこぶに金属製のコイルを詰める脳血管内治療が行われる。また脳出血では、血圧を下げるなどの薬物治療や、重症の場合には血の塊を取り除く手術が行われることもある。

 脳梗塞では、血を固まりにくくする薬物治療のほか、発症して間もない患者では、血栓を溶かして血液の流れを回復させる血栓溶解療法(t―PA治療)も行われている。t―PAは血栓を溶かす薬剤で、腕の静脈から点滴する。治療を受けた患者の4割程度で、3か月後にほぼ後遺症がなく回復するとされている。

 ただしt―PAは、発症から時間がたった患者では、脳出血の危険性の方がかえって高まるため、使用は「発症から3時間以内」が条件だ。そのために病院では、脳梗塞が疑われる患者を受け入れ後、手早く検査・診断できる体制を整える必要がある。

 一覧表には、各病院のt―PA治療実施数を示した。脳梗塞患者数に対する実施率は平均で4%。5%未満の施設は269施設、5?10%が119施設、10%以上が27施設だった。一方、実施数がゼロの施設も46か所あり、医療機関によって差があった。

 聖マリアンナ医大(川崎市)神経内科教授の長谷川泰弘さんは「救急隊との連携体制など地域全体の取り組みが問われる。治療の効果などを検証し、結果を公表する仕組みを早急に作る必要がある」としている。脳卒中では、顔・手足の片側のしびれ、ふらつき、うまく言葉が出ない、激しい頭痛や吐き気・嘔吐(おうと)などの症状が突然表れる。異変を感じたら迷わず受診するよう、長谷川さんは呼びかけている。(渡辺理雄)


依然として脳梗塞を含む、脳卒中により亡くなる方は多いようです。
体の痺れ、ふらつき、言葉が出ない、激しい頭痛、嘔吐・・・
これらの症状が出たら迷わず病院に行きましょう。
早期治療が大切です。

そして出来れば血管や血液の流れがスムーズになるよう日々ケアできれば良いです。
病気やトラブルが生じる前に、前もって予防する。
医薬品ではなくサプリメントなら毎日の習慣として活用できます。
メキキリンクの「速冴え」は、あなたの脳の健康をサポートする大切な素材が含まれています。
是非、ご愛用下さい。


http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm

マラソンの正しい走り方

フルマラソンを走る

読売新聞より


(4)まっすぐ着地 推進力発揮

 同じ動作が長時間続くマラソンは、走り方の小さな癖が体の負担となって蓄積し、ケガやトラブルにつながる。そこで、正しく安全に走るための基本を、NPO法人ニッポンランナーズ理事長の金哲彦さんに聞いた。

 まずは正しい姿勢から。金さんは「腕を力任せに振って走るのではなく、肩甲骨を動かしてひじを後ろに引きながら走る」ことを勧める。

 「肩甲骨が動くと骨盤が動き、脚が無理なく前に出る。さらに背筋が伸びて、胴体(体幹)の大きな筋肉を有効に使った走りができる」

 また「着地した足に体重をしっかり乗せること」もポイントだ。初心者が陥りがちなのが、腰が引けた走り。これだと体重が後ろに残り、前に進む力が妨げられる。

 脚だけでバタバタと進む姿勢になり、ひざなどを痛めやすい。

 理想的な姿勢は、着地した足の上に上半身がまっすぐのる形=イラスト参照=。「まっすぐ着地すると地面から受ける反発力が増し、それが推進力となって楽に走れる」

 ランニングの前後には、脚の関節や筋肉のストレッチをしっかり行うことが、ケガの防止につながる。夏場は、水分補給も大切だ。

 「走る前に、100?200ccの水分補給を行い、30分以上走る時は、途中でも必ず水分をとってほしい」

 マラソンは、中高年から始めても、若い時より長い距離を走れるようになる。大会出場を重ねるうちに、記録へのこだわりが増していく。

 だが、無理は禁物だ。福岡大学スポーツ科学部教授の田中宏暁さんは「月300キロを超える過剰なランニングはケガのもと。記録へのこだわりはほどほどにして、楽しく走ってほしい」と話す。

 無理なく、気楽に。記者も早速、始めてみよう。(佐藤光展)


(つづく)

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ

読売新聞より


透析患者 感染対策に課題

 新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)が日本に上陸して以来、腎臓病の患者会「全国腎臓病協議会」理事の吉村規男さん(58)(京都市)は、外出するのにマスクが手放せない。ウイルスを100%防ぐ効果はないとわかってはいるが、「感染を防ぐためなら、できる限りのことはしたい」と話す。

 吉村さんは腎不全を患い、人工透析を始めて17年。全国で28万人いる透析患者の一人だ。人工透析を行っている患者は、腎機能の低下に伴い白血球が減少するなど免疫力が落ちている。感染症にかかりやすく、死因の2番目が感染症だ。このため吉村さんは日頃から、季節性インフルエンザに対しても、予防接種やマスクなどの予防を心がけている。

 新型インフルエンザにはワクチンがなく、人間に免疫がないため、感染が拡大しやすい。だが感染を避けたくても、原則週3日は、透析のために通院しなければならない。「弱毒性と言われても、透析患者は安心できません。感染が広がること自体が脅威なんです」と、吉村さんは話す。

 新型インフルエンザに備え、日本透析医会と日本透析医学会は昨年11月、合同で対策指針を定めている。まだ感染者の少ない早期や感染が広がりつつある時期であれば、透析患者が発熱した場合は、かかりつけ医に電話相談のうえ、患者自身が発熱相談センターに連絡。感染が疑われれば、一般患者と離れて透析できる設備を備えた感染症指定医療機関などへの受診を勧める――とした。

 しかし、指針作成の委員長で東京女子医大腎臓病総合医療センター教授の秋葉隆さんによると、指定医療機関であっても、感染症の専用病床は2?4床の施設が多く、収容人数には限りがある。また、指定医療機関のうち2割では、透析そのものができない。

 感染者が増えれば、結局はかかりつけの施設で受けざるを得ない。感染していない人とは透析時間をずらしたり、場所やスタッフを分けたりするなどの対策が必要だが、まだ手探りだ。

 米疾病対策センター(CDC)も今月8日、感染が疑われる人が透析を行う場合にはマスクを着用し、部屋を別にするなど、一般の透析患者から極力遠ざけるべきだとする暫定指針を示している。

 吉村さんは、「患者は発熱などの異常を感じたら、他の透析患者に感染を広げないよう、まず電話で相談するよう心掛けたい」と話す。


(つづく)

不況と少子化

出生率 不況…今後は急低下?

産経新聞より


 平成20年の合計特殊出生率は、昭和57?59年以来の3年連続上昇となったが、出生数に注目すると楽観はできない。出産期(15?49歳)の女性が今後減り続ける見通しの上、晩婚・晩産化も進行しており、出生率が少し上向いても出生数増に結び付かない状況だ。さらに今回の世界的な不況の影響で“出産控え”が起きることも予想され、平成21年以降の出生率は急降下する可能性もある。日本の少子化問題は正念場を迎えている。

 「私が大臣になってから3年連続して合計特殊出生率が上がっている」

 舛添要一厚生労働相は、2日の参院厚生労働委員会で、正式発表に先駆けて20年の合計特殊出生率が3年連続上昇したことを明らかにし、年金財政の将来推計で想定した出生率(1・26)よりも上向いたことに胸を張った。だが、出生数の面からはとても安心できる状況ではない。

 出産期の女性は12年連続で減り続けており、今後も減少傾向は続くことが予想されている。また晩婚・晩産化の進行の影響も大きい。20年の平均初婚年齢をみると、男性が前年比0・1歳増の30・2歳、女性が同0・2歳増の28・5歳で、いずれも前年に比べ晩婚化が進行した。

 「晩婚化してもいずれ子供は産む」ともいわれているが、世代別の出生率(コーホート合計特殊出生率)は、45?49歳の世代で前年比0・03ポイント減の1・81となるなど、30歳以上の世代でいずれも前年に比べ低下した。晩婚化が進むほど、不妊のリスクや出産・子育ての体力面の不安が高まっている状況がうかがえる。

 ただ、明るい面がないわけでもない。第3子以上の出生数は前年に比べ4885人増の17万1280人となった。今後も3人以上子供を産む女性が増えれば、出生数増につながる可能性もあるが、第3子以上が出生数全体に占める割合は15・7%にすぎず、過剰な期待は禁物だ。

 今後は景気悪化に伴う雇用情勢の悪化で、出産を控える女性が増えるとみられているが、出産の先送りにも限度があり、厚労省内では「今すぐ少子化対策を強化しないと、出生数の急減は避けられない」(幹部)との見方も出ている。(桑原雄尚)


少子化については様々な考え方があります。
日本の「適正な」人口は5000万人位と算定する専門家もいますが、
高齢化社会を支える世代がどんどん減っていく事は看過できないというのが大方の見方でしょうか。
老若男女問わずお互いに支えあい、かつ自立しながら生きて行ける様にしたいものです。

メキキリンクの栄養機能食品「速冴え」は、かけがえの無いあなたの健康を支える、
貴重で贅沢三昧の素材の組み合わせが自慢です。
週末のお出掛けにも、「速冴え」をお忘れなく。


http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm

フルマラソンはニコニコペースで

フルマラソンを走る

読売新聞より


(3)楽しくゆっくり 1日30分

 前回紹介したニコニコペースを実践してみよう。

 運動に自信がない人は、30分?1時間のウオーキングが最初のニコニコペースになる。そして「途中の数分だけでも、ウオーキング並みか、それより遅い速度で試しに走ってみる。楽なのに、消費エネルギーはウオーキングの倍になる」と、福岡大学スポーツ科学部教授の田中宏暁さんは語る。

 ランニングが楽しくなったら、ニコニコペースかそれよりも遅いペースで1日30分走る。急な仕事で朝走れなかった日は「駅から会社まで、急いでいるふりをして軽く走るなど、細切れのランニングで合計30分にすればいい」。

 10キロをニコニコペースで走れるようになると、21キロのハーフマラソン、その先にフルマラソンの完走が見えてくる。10キロのタイム(分)を5・48倍して28分を引くと、フルマラソンの予想タイムが出る。10キロが60分であれば5時間1分。大会の制限時間は5、6時間が多く、6時間の大会は完走が十分視野に入る。

 ニコニコペースを知って、走り方を改めたランナーも多い。定年退職を機に64歳から走り始めた福岡市の古川三郎さん(77)は5年前、田中さんの指導を受けた。

 それまでは自己流の走りで「前半飛ばし過ぎ、後半バテてしまうことの繰り返し」だったが、心拍計を見ながら安定したペースを保って走るようになった。すると「記録を狙ってラストスパートする余裕ができました」。

 73歳で3時間50分の自己最高記録を更新。75歳まで4時間を切る記録を出し続け、年代別の表彰台の常連になった。

 「マラソンを完走した時の達成感は格別。体力に応じたニコニコペースのランニングを続け、80歳になっても楽しく走っていたい」という。

フルマラソンの予想タイムの出し方
・10キロの記録(分)×5.48?28分
・ハーフマラソンの記録(分)×2.11
(南アフリカの運動生理学者  ノックス博士の計算式)


(つづく)

ほどよいフルマラソン

フルマラソンを走る

読売新聞より


(2)笑顔作れるペースで完走

 フルマラソンの練習というと、きついイメージを抱きがちだが、福岡大学スポーツ科学部教授の田中宏暁さんは「笑顔で会話ができるペースのランニングを1日30分?1時間続けるだけで、完走できる体力がつく」という。

 激しい疲労や息切れが起こるのは、実力以上のペースで走り、疲労度の指標になる乳酸値や心拍数が急上昇するためだ。急上昇直前の「きつ過ぎず楽過ぎない速度」(ニコニコペース)を保てば、楽に走り続けられるようになる。

 ニコニコペースでも、心肺や筋肉への適度な刺激となり、体力が向上する(上の表)。続けると、乳酸値や心拍数が上がりにくくなり、より速く、長く走れるようになる。


 田中さんは、この方法で約400人を指導し、8割を完走させた。運動習慣のない40歳代の男性は、まず1日30分のウオーキングから始め、次第に走る距離を伸ばして、5か月後にはフルマラソンを4時間51分で完走した。

 体力があっても、エネルギー源として筋肉などに蓄えられたグリコーゲン(糖質の一種)が枯渇し、途中で失速するランナーは珍しくない。ニコニコペースで走れば、「脂肪からもエネルギーが効率よく供給されてグリコーゲンの消費が抑えられ、ガス欠を起こさずに走り切れる」と田中さん。

 このような持久力は「人間が生き残るために、進化の過程で身につけた能力。42キロを走る潜在力は誰にでもある」という。

 ニコニコペースは、走った時のきつさを自己評価し、主観的運動強度(下の表)に当てはめて確認できる。心拍数も目安になり、138から年齢の半分を引いた値(初心者)が基準となる。前後10拍以上の個人差があるため、最適な値を見つけ出し、腕時計型の心拍計などで確認しながら走るとペースを保てる。


(つづく)

フルマラソンを走る

フルマラソンを走る

読売新聞より


(1)完走者 約半数が中高年

 42・195キロを走るフルマラソンの愛好者が増えている。今年3月の東京マラソン(定員3万人)には22万6000人が参加を申し込み、7倍を超える狭き門になった。

 中でも目立つのが中高年ランナーの増加だ。雑誌「ランナーズ」が、2008年度の国内大会(52レース)と一部海外レースの結果をまとめた記録集によると、男性完走者の半数、女性完走者の4割が40代以上だった。

 高齢ランナーの活躍も目立つ。70歳の最高記録は男性3時間10分、女性3時間52分と、若者も真っ青の記録だ。最高齢完走者は91歳だった。中高年ランナーの中には元マラソン選手もいるが、多くは特別な運動歴はなく、健康維持のために走り始めた人たちだ。


 福岡大学スポーツ科学部教授の田中宏暁(ひろあき)さんは「心臓などに持病がある人や、太り過ぎの人は医師に相談することが欠かせないが、高血圧や高脂血症などは走ると改善していく」と話す。

 米国のスタンフォード大学が、ランニングクラブの50歳以上の会員284人を約20年追跡した調査では、この間の会員の死亡率は15%で、走る習慣がないグループの34%を大幅に下回った。ランニングが、心疾患やがん、認知症を予防するという研究もある。

 マラソンの消費カロリーは、ランナーが食事でとる1日分の必要摂取カロリーに匹敵する=イラスト=。だから、「忍耐」や「根性」のスポーツと思われがちだが、田中さんは「マラソンは、楽に走らなければ完走できない。楽なペースで長く走る練習を続ければ、だれでも完走できるようになる」という。

 制限時間がなく、初心者でも走りやすい12月のホノルルマラソンまで半年。日本最大規模の東京マラソンまでは、8か月ある。次回は、夢の完走を達成できるという、その練習法を紹介しよう。


(つづく)

市販薬の購入 いつでもどこでも

改正薬事法が施行…市販薬の競争激化

読売新聞より


スーパー、低価格で勝負

 改正薬事法が1日施行され、店舗での一般用医薬品(市販薬)の販売方法が大きく変わった。スーパーやコンビニエンスストアは、医薬品を新たな収益の柱と位置づけ、販売網の強化や低価格商品の開発に乗り出した。

 市販薬販売をほぼ独占してきたドラッグストアは防戦の構えを強める。競争の激化が業態の垣根を超えた再編のきっかけとなる可能性もある。(竹内和佳子、白櫨正一)

 ■コンビニ

 改正薬事法は、市販薬を副作用リスクの高い順に第1?3類に分類し、一部の胃薬や育毛剤など特にリスクが高いものを「第1類」として薬剤師の対面販売を義務付けた。

 主な風邪薬や鎮痛剤などの「第2類」、ビタミン剤などの「第3類」は、薬剤師の免許がなくても、1年間の医薬品販売の実務経験を積み、都道府県の試験に合格した「登録販売者」がいれば売れることになった。大手コンビニのセブン―イレブン・ジャパンとサークルKサンクスは1日からそれぞれ都内の1店舗で、登録販売者による試験販売を始めた。

 コンビニ業界では、業績を押し上げてきたたばこ自販機用の成人認証カード「タスポ」の効果が一巡しつつあり、景気に左右されにくい市販薬販売への期待感を膨らませている。店舗の多さと24時間営業の強みを生かす考えだ。ファミリーマートが3年間で300人の登録販売者の確保を目指すなど、各社は販売態勢の整備に本腰を入れる。

 スーパーは低価格で勝負する。イオンは1日、同品質の市販薬より2?4割安い医薬品プライベートブランド(PB)「ハピコム」の販売を始めた。イトーヨーカ堂も30日まで、全国112店舗で市販薬200品目を平均10?20%値下げする。

 ■ドラッグストア

 一方、多くの薬剤師を抱えるドラッグストアは、調剤事業強化や営業時間延長、相談業務の充実などで対抗する。

 最大手のマツモトキヨシホールディングスは、調剤室を備えた店舗を拡充して医師の処方せんを持った患者に対応するほか、24時間営業店も増やす方針だ。

 ただ、「価格競争力が弱い中小のドラッグストアなどは淘汰される可能性もある」(野口智雄・早稲田大学教授)との見方もあり、コンビニとドラッグストアの業態を超えた再編が加速しそうだ。

 製薬業界でも、最大手の武田薬品工業が小分けした市販薬をコンビニなどに出荷するなど法改正に対応している。ただ、ここ数年ほぼ横ばいの市販薬販売がどこまで伸びるかは不透明だ。「登録販売者を確保できず販売をやめる事業者も出かねない」(製薬大手)状況だけに、小売業界側の戦略はまだ手探りと言える。


薬剤師が常駐するドラッグストアか、「登録販売者」がいるコンビニ、スーパーか。
同じ商品であれば、消費者はいつでも、安く入手できる方法を選択するでしょう。
ただ販売するだけでなく、「安さ」「気軽に相談できる」などニーズにあった戦略が求められていくでしょう。

メキキリンクでは、栄養機能食品「速冴え」を通じ、
超高齢社会、ストレス社会、健康社会に求められるニーズに対応しています。
商品詳細はHPからご確認頂けます。

http://www.mekikilink.com/product/index.htm
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。