プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症末期

認知症末期患者への栄養の補給停止…「家族が要望」43%

読売新聞より


 人工的な栄養・水分補給を受けている認知症末期の患者に対し、その補給を中止した経験を持つ医師のうち、43%が「家族の強い要望」を理由に挙げていることが、日本老年医学会の調査で分かった。

 27日、東京・本郷で開いた同学会のシンポジウムで発表された。認知症患者の延命をめぐる医療者や家族の葛藤がうかがわれる数字だ。

 調査は、昨年10?11月、同会の医師会員4506人にアンケートを送付して実施。認知症末期の患者への栄養補給の実施状況や考え方を尋ねた。有効回答数は1554人。

 それによると、補給の実施経験がある医師のうち、44%は中止経験もあった。中止の理由は、「肺炎や下痢などの医学的理由」(68%)がトップで、「患者家族の強い要望」(43%)、「苦痛が長引く」(23%)が続いた。

 また、いったん導入した補給措置を中止することについて、29%の医師が「法的に問題がある」と回答。医師らが厳しい判断を迫られている現実が浮き彫りになった。

 調査を担当した会田薫子・東大特任研究員は「がんも認知症も、終末期は水すら与えない方が本人の苦痛が減る。それを医師が知らず、家族の意向に任せている傾向がある」と話している。


(つづく)
スポンサーサイト

年金切り替え忘れ

主婦の年金切り替え忘れ、救済手続き停止を通知

読売新聞より


 専業主婦の国民年金への切り替え忘れ問題で、細川厚生労働相が保険料を払う必要のない「第3号被保険者」と見なす救済策を留保する方針を表明したことを受け、日本年金機構は24日、救済の認定作業や年金の支払いなどの手続きを一時的に停止するよう、全国の年金事務所に通知した。

 厚労省の救済策は、夫が転職や退職などした際に必要な切り替え手続きを忘れ、国民年金の保険料が未納になっている専業主婦が対象。直近2年分に限って保険料の納付を求め、それ以前は保険料を納めていたと見なし、将来、基礎年金も受け取れるもので、1月から実施し、既に2000人以上を「救済」した。

 これに対し、総務省の年金業務監視委員会(委員長=郷原信郎名城大教授)はきちんと手続きを行い、保険料を支払った人との間に不公平が生じるとして、総務相を通じ、見直しを求める方針を示していた。


(つづく)

鼻づまりの薬

鼻づまり対処法

読売新聞より


(3)症状、年齢に合わせ薬選び

 鼻づまりを市販の薬でしのぐ人も多い。新製品が次々と発売され、どれを選べばいいか迷うほどだ。

 「様々な種類があるので、違いを知って使い分けて」と、日本薬剤師会中央薬事情報センター部長の向井呈一さん。

 発売されている鼻炎薬には、大きく分けて、〈1〉風邪などの一時的な鼻づまりの症状を抑えるもの〈2〉花粉症など季節によって起きるアレルギー性鼻炎を抑えるもの――がある。

 〈1〉は、数日間だけ使う薬。「よく効くから」と長く使うと、点鼻薬では、かえって治りにくい「薬剤性鼻炎」を起こす可能性がある。内服薬でも心臓・血管系の副作用が現れることがある。

 「大人用の市販の点鼻薬を乳児に使い、急性中毒で意識がなくなった例があります」と向井さん。安易な使用は事故の元だ。

 「小児用」と書いてあっても、15歳未満が鼻炎用内服薬を使うには、保護者の監督がいる。海外で事故の報告があり、厚生労働省が注意を促しているからだ。

 子どもや高齢者、持病を持つ人は、事前に薬剤師に相談したい。向井さんは「誰がどんな症状で、どう使うかを相談して薬剤師に選んでもらった方がいい」と勧める。治療用だった薬が市販薬に転用され、「眠くなりにくい」など特徴のある薬も登場している。薬とうまく付き合えば、鼻づまりのつらさも軽くなりそうだ。(大森亜紀)


(つづく)

鼻づまり対策

鼻づまり対処法

読売新聞より


(2)わきの下にペットボトル

 鼻づまりを今すぐ和らげたい。そんな時に試したいのが温め療法だ。

 東京厚生年金病院耳鼻咽喉科部長の石井正則さんは、「入浴やシャワーで温かい蒸気を浴びたり、鼻から額にかけて温めたタオルで覆ったりすると効果的。軽い鼻づまりなら、1分ほどで鼻が通るはず」と話す。

 風邪などで過剰に鼻汁が分泌されている時には、鼻の奥の粘膜もうっ血して腫れ、鼻の穴が狭くなる。温めると血液の循環が良くなり、粘膜のうっ血が治まるという。温かい飲み物を飲むのも効果が期待できる。

 仕事中など、温められない場合に石井さんが勧めるのは、わきの下を圧迫する方法だ=イラスト=。「わきの皮膚の下には、鼻の穴の血管を収縮させる交感神経が走っています。そこを圧迫して刺激し、鼻の腫れを治めるわけです」と石井さん。

 つまっている鼻の反対わきの内側の付け根から、指3本分下のあたりを、ぎゅーっと数十秒押す。右がつまっているなら、左のわきの下を押す。

 指を使うより、ペットボトルをわきの下にはさみ、広い面積を圧迫した方がより効果的だ。500ミリ・リットルほどのペットボトルをわきの下にはさみ、内側に押しつけるようにする。両側を1度にやるのではなく、片方ずつやった方がいい。

 症状がひどくて寝付けないなど、重い鼻づまりなら、耳鼻咽喉科で、薬を使ったり、粘膜を焼いたりする治療を受けられる。


(つづく)

鼻の正しいかみかた

鼻づまり対処法

読売新聞より


(1)片方ずつかむ 習慣つける

 花粉症の季節。「チーン」と強く鼻をかむ人も多いが、「強い破裂音がするほど、力任せにかむのは厳禁」と昭和大学(耳鼻咽喉科)教授の洲崎春海さん。「正しい鼻のかみ方は、片方ずつ、ゆっくり、優しくです」

 鼻の後ろには耳管と呼ばれる管があり、耳につながっている。強い圧力がかかると、耳を痛め、中耳炎になりやすい。鼻汁をすするのも中耳炎のもとだ。子どもの時から、片方の穴を指で押さえて両手で鼻をかむくせを付けたい。

 そもそも鼻汁は、1日に約1リットルも分泌されている。鼻やのどの粘膜を潤す大事な働きがあり、通常は自然にのみ込まれ、気にならない。しかし、花粉症や風邪などで、鼻汁が過剰に分泌されたり、鼻の粘膜が腫れて中が狭くなったりすると、鼻づまりが起きる。その他の病気や鼻の形の異常で通りが悪くなる場合もある。

 アレルギー性鼻炎の鼻汁は水っぽく、副鼻腔(びくう)炎なら粘っこい鼻汁が出る。まれに片側の鼻がつまり、血の混じる臭い鼻汁が出ることがあり、悪性腫瘍などの可能性もある。「一時的な症状で治まればいいが、長引いたり、症状がひどい時には、耳鼻咽喉科でチェックを受けて」と洲崎さんは勧める。

 花粉症などで鼻がむずむずすると、鼻紙などを鼻に入れたくなる。しかし「鼻の粘膜はデリケート。触っただけで傷が付きます」と洲崎さん。気になるなら医師に相談したい。


(つづく)

食べ過ぎ測定器

「食べ過ぎ」瞬時にわかります…世界初の測定器

読売新聞より


 食事のあと尿を調べるだけで食べ過ぎかどうかが手軽にわかる測定器を、健康機器メーカーのタニタ(本社・東京)が世界で初めて開発し、22日、試作器を公開した。

 試作器は円筒形で、直径3・7センチ・メートル、長さ17・6センチ・メートル。キャップを外して先端部に尿をかけると、内部のセンサーが瞬時に糖の量を測定。食べ過ぎかどうかが液晶画面に表示される。

 同社では現在、30?60代の男女200人によるテストを行っており、測定精度などを高めたうえで、2年以内の製品化を目指している。価格は1万円前後になる見込みという。同社では「自分の食事量が適切かどうかを細かく知る方法はこれまでになかった。安全にダイエットをする助けにもなる」と話している。


(つづく)

アルツハイマーに貼り薬

アルツハイマーに貼り薬、今夏にも発売

読売新聞より


 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第1部会は21日、国内では初となるアルツハイマー型認知症の進行を抑える貼り薬の承認を決めた。早ければ今夏に発売される見通し。

 貼り薬は、スイスを拠点とするノバルティスファーマのイクセロンパッチ(一般名リバスチグミン)と、小野薬品工業のリバスタッチパッチ(同)。

 背中などに1日1回貼り、皮膚から成分のアセチルコリン分解酵素阻害剤を徐々に吸収させる。飲み忘れなどを防止しやすいのが特徴。

 アルツハイマー型認知症の薬は最近まで飲み薬1種類だけだったが、昨年11、12月に計2種類が承認された。貼り薬が加わったことで治療の選択肢が広がる。


(つづく)

虫歯の元、解明

虫歯のもと「ねばねば」作る酵素、初めて解明

読売新聞より


 虫歯のもとになる“ねばねば成分”を作り出す酵素について、静岡県立大などの研究チームがその立体構造を初めて解明したと17日発表した。

 この酵素だけをねらい撃ちし、虫歯を効果的に予防する薬などの開発に役立つと期待される。

 虫歯は、糖分の一種で粘着性の「グルカン」にすむ細菌から出る酸が、歯を溶かして起こる。グルカンは歯周病を起こす歯垢(しこう)の原因にもなる。グルカンを作るのはミュータンス菌の出す酵素「グルカンスクラーゼ」で、でんぷんを分解する酵素アミラーゼなどと似た構造だが、詳しい違いまではわからなかった。

 同大の伊藤創平助教らは、この酵素を人工的に大量に作り出すことに成功。X線を使って分析した結果、アミラーゼにはないらせん状構造の部分などが、グルカンを作り出す機能にかかわっていることがわかった。グルカンスクラーゼの働きを邪魔する物質には、緑茶に含まれるカテキンがあるが、立体構造がわかれば、他の食品での探索や化学合成の手がかりになる。


(つづく)

市民後見人

寄りない認知症高齢者守れ、市民後見人養成へ

読売新聞より


 身寄りのない認知症高齢者などに対し、成年後見制度に基づく後見人を市町村長が立てる「首長申し立て」について、不足する後見人の受け皿として、一定の研修を受けた一般市民の活用に厚生労働省は乗り出す。

 老人福祉法を改正し、市町村や都道府県に「市民後見人」候補者の養成などを求めるほか、モデル事業を実施、増加する認知症高齢者の暮らしを守る備えとする。

 2000年に創設された成年後見制度は、判断能力が衰えた人のために、財産を管理したり、介護サービスの契約を代行したりする後見人を置く制度。通常は、高齢者の親族が家庭裁判所に、後見人を立てるよう申し立てるが、身内がいない場合などは、市町村長が申し立てを行い、弁護士や司法書士などが後見人となる。


(つづく)

子供の耳かき

上手な耳かき

読売新聞より


(3)鼓膜を傷つけない

 耳かきの最中に誤って鼓膜を突き破るなどしたケースは「耳かき外傷」と呼ばれる。

 耳かきで最も注意すべきことだが、日本医大病院耳鼻咽喉科准教授の池園哲郎さんは「耳かき外傷で受診する人が毎年十数人ぐらいはいる」と話す。近くにいた子供やペットがぶつかって起きた例が多いという。

 破れたのが鼓膜だけなら、ふさがれば聴力は回復する。しかし、鼓膜の奥の小さな骨が折れたりすると回復は難しく、手術することもある。難聴だけでなく、めまいが起こることもある。池園さんは「当たり前のことだが、耳かきは、子供らがいない所で行ってほしい」と話す。

 なお、大人の場合、耳の入り口から鼓膜まで3・5センチほどで、耳あかが出るのは入り口から1・5センチぐらいの所まで。だから、「耳かきは、先を長く持たない方がよい」と埼玉医大耳鼻咽喉科名誉教授の飯沼寿孝(としたか)さんは話す。図のように、ペンを持つときのような形で、指から先に出る部分を3?3・5センチ程度にし、力を入れず、柔らかく持つのが良いそうだ。

 子供にする場合は、鼓膜までの距離が大人より短いので特に注意を。飯沼さんは「耳あかをすっかり取ろうとする必要はない。手前の方を軽くやればよい。どうしても奥が気になるときは耳鼻科へ」と話す。なお、耳かきすると、耳付近からのどに通じる神経が刺激され、せきが出やすくなる。子供がせきをしそうになっていないかも注意したい。(高橋圭史)


(つづく)

耳かきし過ぎに注意

上手な耳かき

読売新聞より


(2)なでる程度で あか取れる

 綿棒、金属製などさまざまな用具があるが、「耳かき」と言われて多くの人が思い浮かべるのは、竹製や木製の「さじ型耳かき」だろう。

 埼玉医大耳鼻咽喉科名誉教授、飯沼寿孝(としたか)さんによると、国内では10世紀の遺跡からも、先がさじ型の耳かき付きかんざしが出土していて、江戸時代には東京・浅草近辺で耳あか取りの商売が行われていたそうだ。

 しかし、こうした「さじ型耳かき」が普及した国は、日本、中国、韓国だけだという。これには、耳あかのタイプが関係するらしい。

 耳あかには、カサカサした「乾性耳あか」と、「アメ耳」などと呼ばれる湿った「湿性耳あか」がある。遺伝的に決まっていて日本人は8割以上が乾性で、中国、韓国にも同様に多い。しかし、世界中の他の地域では湿性が多数派だという。

 「乾性耳あかの方が、カサコソ変な感じがしやすいので、耳をかける『さじ型』が普及したとみられる」と飯沼さん。

 ただ、耳をかく際、がりがりひっかくと、皮膚を傷つけ、炎症や出血を招く。「耳のかき方は、皮膚をなでる程度で十分。それで引っかかってくる耳あかが取れればよい」という。また、耳かき選びは、さじのへりが滑らかなことがポイントだ。

 湿性耳あかで綿棒を使う人もいるが、飯沼さんは「市販品は、日本人の耳と比べて綿が太すぎ、巻きが固いものが多い。太い綿棒を耳穴に入れると、耳あかを奥に押し込んでしまうことがあるので要注意」と話す。


(つづく)

耳かきの頻度は?

上手な耳かき

読売新聞より


(1)月1回程度に抑える

 そもそも耳あかとは何なのか?

 埼玉医大耳鼻咽喉科名誉教授の飯沼寿孝(としたか)さんによると、〈1〉古くなってはがれた皮膚〈2〉毛穴から出る皮脂などの分泌物〈3〉耳穴に生えている短い毛の抜け毛――などが入り交じったものだという。

 耳穴の入り口から鼓膜まで(外耳道)は、大人で約3・5センチあるが、耳あかが発生するのは、その中でも、入り口から1・5センチ程度のところまで。その奥の皮膚は厚さ0・1ミリほどと非常に薄いうえ、毛穴もなく、耳あかは出ない。

 飯沼さんは「日本人は清潔好きで耳かきを習慣にする人も多いが、やりすぎると、かえってかゆみが出てきて、ますます耳かきしてしまう悪循環に陥りかねない」と忠告する。

 頻繁に耳かきすると、皮膚に炎症が起きてかゆみが出たり、刺激で分泌物が多くなり耳あかが増えたりすることがある。炎症が高じて湿疹ができたり、ひっかいて出血しカサブタができたりして、さらにかゆくなることもある。

 耳あかが詰まって難聴になる人もいるが、そこまでたまる人はまれだという。通常、耳あかは短期間に大量に出ることはなく、自然に耳の外に出ていくことも多い。「医学的な意味では、耳かきは年2回程度でも十分。むしろ、やり過ぎて耳を傷つけることの方が多いので、好きな人でも、せいぜい月1回程度に抑えた方がよい」と飯沼さんは話す。


(つづく)

高齢者に「押し売り」

みそ押し売り3年で52億円、一部業務停止命令

読売新聞より


 高齢者宅などを訪問して、数万円のたる入りみそを強引に販売したなどとして、消費者庁と東京都は15日、みそ販売会社「信州志賀一」(千葉県船橋市)に対し、特定商取引法違反(迷惑勧誘など)で、6か月の一部業務停止命令を出した。

 消費者庁などによると、同社は10年ほど前から、仙台、福岡など全国9か所の支店を拠点に、みその訪問販売を開始。家人が断っても、数十分間にわたりしつこく購入を迫るなどして、8キロ入り3万5000円などのたる入りみそを無理やり買わせていた。売り上げはここ3年間で、計約52億円に上るという。


(つづく)

臨床僧

病気の苦しみ和らげる「臨床僧」、育成へ

読売新聞より


 入院患者の心のケアや在宅介護に従事する僧侶を「臨床僧」と名付けて育成していこうと、僧侶で医師の対本宗訓(つしもとそうくん)さん(56)らが16日、「臨床僧の会・サーラ」を京都・長岡京市を拠点に設立する。

 全国的にも珍しい取り組みで、対本さんは「生老病死の苦しみや恐怖と向き合う人に寄り添うことにこそ宗教者の役割があるはず」と、賛同者の広がりに期待している。

 愛媛県の寺に生まれた対本さんは京大で哲学を学んだ後、天龍寺(右京区)で修行し、38歳で臨済宗佛通寺派管長に就任。父親や信者を看取った経験から、次第に終末期ケアや生命倫理への関心が高まった。

 一念発起して受験勉強を始め、2000年、帝京大医学部に入学。管長を辞任して勉学に打ち込んだ。06年に医師資格を取り、研修医や総合病院での勤務を重ねる中で現代医療の限界も目の当たりにした。

 医師不足による過酷な勤務。「病気を診て患者を診ない」と言われるように、がんや難病の患者が直面している死への恐怖を和らげるすべを十分には持ち合わせていない。かといって、宗教家が病院に出入りすれば「縁起でもない」と白い目で見られる――。

 欧米の病院には、臨床教育を受けた「チャプレン」と呼ばれる聖職者がいる。これを参考に、「僧侶の役割」を追い求めて同会を発足することにした。

 同会では、医療ソーシャルワーカーやホームヘルパーなどの資格を取得した僧侶に研修を行ったうえで「臨床僧」に認定。約1週間の病院実習を行った後、病院や在宅での法話や相談、入浴や移動の介助などに従事してもらう。賛同する僧侶はすでに約20人おり、今後、受け手となる病院や介護業者を募るという。

 12日に開いた医師や看護師、NPO関係者らとの意見交換会では、「安楽死や尊厳死は医師だけの問題ではない」「僧侶が現場になじむには十分なカリキュラムが必要」などの声が上がった。小泉欣也・京都大外科交流センター理事長は「現代医療は心の問題が大切になっており、ともに考える時期だ」と話した。

 16日には参加する僧侶らが顔合わせし、会がスタートを切る。現在は英国で臨床学を学び、日本とを行き来している対本さんは「患者に『人は死んだらどこに行くのか』と問われたら、宗教者としてなら語り合える。宗派を超えて活動を広げていきたい」と話す。(岡田英也)

 問い合わせは同会(075・954・1005)へ。


(つづく)

花粉対策

花粉 室内に入れない

読売新聞より


服を払う * 窓際掃除しっかり

 花粉症の人にはつらい季節が迫ってきた。今年は地域によってスギやヒノキの花粉飛散量が昨春の約10倍になるという予報もある。外出の時だけでなく、室内での対策を徹底することが予防のために欠かせないと、専門家はアドバイスする。

 日本気象協会によると、昨年の猛暑の影響で、昨春の2?10倍の花粉が飛ぶ見込み。東北地方が「昨年並みか多い」、関東、北陸、九州地方が「非常に多い」、東海地方では10倍以上になるところもある。一部地域ではすでに飛散が始まっており、2月中旬から3月下旬にかけてピークとなり、例年5月上旬まで飛散が続く。

 大塚耳鼻咽喉科医院(横浜市)院長の大塚博邦さんは「花粉症の人は『外出しないのが理想』と言いたいほど、厳しいシーズンになる。外出時はマスクと花粉防止用の眼鏡を着用してほしい」と話す。

 関東では、この冬の乾燥で鼻の粘膜が弱っている人が増えている。大塚さんは「カサカサの粘膜は花粉も吸収しやすいので要注意。花粉症でない人もマスクを使って予防してほしい」と呼びかける。


 室内での対策も欠かせない。花粉は、外出時のコートや外に干した洗濯物に付いて室内に入ってくるからだ。家の中に花粉を入れないコツとして、ダスキン暮らしの快適化生活研究所(大阪府吹田市)の研究員、野口美樹さんは、玄関にはたきを備え、帰宅時に玄関の外で服やバッグにはたきをかけることを勧める。その際、ほこりが舞わないように注意すること。

 また、花王生活者研究センター(東京都墨田区)の主任研究員、小島みゆきさんによると、洗濯時に柔軟剤を使うと、静電気を防ぎ、生地も柔らかくなるため、花粉が付着しにくくなる。「洗濯物を取り込む時には1点ずつバサッと音がするぐらい振り、服の内側に付着した花粉も払ってください」と小島さんは話す。

 室内の掃除も念入りに行いたい。特に花粉が落ちていやすい窓際や換気口の近くを入念に行うことが大切。ウエットシートなどで拭いてから掃除機をかけると、花粉が舞い上がりにくい。トイレや脱衣所のマットも着替え時に花粉が落ちやすく、こまめな掃除、洗濯が欠かせない。小島さんは「花粉が多く飛散した日や、たまりやすい場所をねらって集中的に掃除をすると効果的です」と話している。


 こうした日々の予防策に加え、花粉症対策の商品も上手に活用したい。東急ハンズ新宿店(東京都渋谷区)では、ゴーグルなどに加え、鼻用の洗浄液やマスクの携帯ケース、服に付いた花粉を吸い取る電動式ブラシなど約250種の対策グッズを扱っている。同店の販売担当者は、「ゴーグルは眼鏡のように見えるタイプが主流。ピンクのフレームや水玉模様など、眼鏡業界の流行を取り入れたおしゃれなデザインも人気を集めています」と話している。


(つづく)

出産と仕事

産婦人科女医3割超、出産先送り求められた経験

読売新聞より


 産婦人科の女性医師の3人に1人が、上司や同僚から「子どもを作るのは少し後にしてほしい」などと求められた経験をもつことが、日本産科婦人科学会の調査でわかった。

 代替要員の確保難などが理由とみられる。不妊治療に接する現場でさえ妊娠・出産への理解を得にくい現実に、調査した杉浦真弓・名古屋市立大教授は「社会全体で同様の状況はあるだろう。年齢とともに不妊や流産が増えることを、もっと理解する必要がある」と話している。

 男女約1万4000人の学会員を対象とした労働環境などのアンケートで、約1300人が回答。妊娠・出産の先送りを求められた経験については、女性468人のうち162人(34・6%)が「ある」と答えた。


(つづく)

ミントガムでストレス軽減

通勤時間の活用

読売新聞より


(3)ミントガムでストレス軽減

 満員電車では、何かとストレスを感じる。お薦めなのがミントガムだ。古賀良彦・杏林大教授(精神神経学)と食品メーカー「日本クラフトフーズ」は2007年、ストレスの軽減効果を実証した。

 実験したのは男女32人。8人ずつ4グループに分かれて乗車率約200%のJR東海道線の通勤電車に乗り込ませた。横浜―品川駅間の17分間で、第1グループはミントガムを5分間、第2は1分間、第3はミント味を抜いたガムを5分間、それぞれかんでもらった。残った第4グループは何もかまないで過ごした。

 乗車前、ガムをかむ直前、降車後にそれぞれ、唾液中のストレスホルモンを調べた結果、ストレスの減少率は、ミントガムを5分間かんだグループが最も大きかった。古賀教授は「ミントの香りが気分をすっきりさせる。かむ動作も脳に刺激を与え、ストレスを和らげてくれます」と分析している。

 天然アミノ酸の一つであるギャバも、満員電車でストレスを軽減する効果のあることが、横越英彦・静岡県立大教授(栄養神経科学)の実験でわかっている。ギャバを含む栄養補助食品が出ているほか、30分ほど味が長持ちするミントガムもある。

 古賀教授は「満員電車のストレスも、日々積み重なると、心身の病気に発展しかねません。軽視せずに、こまめに解消してほしい」と話している。(安田武晴)


(つづく)

電車内でふくらはぎ運動

通勤時間の活用

読売新聞より


(2)電車内でふくらはぎ伸縮

 仕事の能率を上げるには、疲れを翌日に持ち越さないことが大切。立ち仕事やデスクワークで同じ姿勢を続けていると、ふくらはぎに疲労がたまる。女性の場合には、むくみにつながることもあり、こまめに解消したい。

 法政大の伊藤マモル教授(スポーツ医学)は、帰りの電車内でできる簡単な疲労解消法を勧めている。 

 まず、シートに座れた場合。ひざを90度に曲げて両足のかかとを上げ、つま先で床を軽く2?3秒押す。これを10?20回繰り返す。次に両ひざをできるだけ伸ばす。かかとを床に付けた状態でつま先を手前に5?15秒引く。これを3?5回やってみよう。ふくらはぎの筋肉を伸縮させることで血流が良くなる。ただし、前に人がいないのを確かめておくこと。

 つり革や手すりにつかまって立っている状態では、両足のかかとを2?3秒上げて、ふくらはぎを縮める。伸ばす時は尻を少し後ろへ引き、体を「く」の字にして片足を半歩前に出し、その足のつま先を5?15秒上げる。回数は座った場合と同じだ。いずれも、反動をつけずに行う。

 座れたら太ももの運動も心がけてほしい。姿勢を正して左右の太ももを10?20秒ぎゅっと密着させる。これを3?5回繰り返す。このほか、肩の上げ下げや首を回すだけでも、疲れを取る効果がある。

 伊藤教授は「ふくらはぎや太ももの運動は、回数を増やせば、足の筋肉を引き締めることも期待できます」と強調している。


(つづく)

通勤と体力づくり

通勤時間の活用

読売新聞より


(1)階段使って脂肪を燃やす

 満員電車の乗り降りや階段の上り下りなどでうんざりしがちな通勤。しかし、ちょっと発想を変えれば貴重な健康作りの時間に切り替わる。

 体重計などの計測機器メーカー「タニタ」の開発企画課長、西沢美幸さんは、栄養士の資格を持っており、同社の健康情報サイト「からだカルテ」(http://www.karadakarute.jp/)で、通勤時間を活用した簡単ダイエットを提唱している。題して「通勤でお気楽に脂肪を燃やそう」。

 意外なのは、通勤時に消費されるエネルギー量だ。例えば、電車内で30分間立ち続けると、体重50キロの30歳代の女性で46キロ・カロリーを消費できる。座っている状態の2倍で、約5グラムのチョコチップクッキーに換算すると、2枚分に相当する。ゆっくり30分間歩けば50キロ・カロリー、2枚分で、急ぎ足なら102キロ・カロリー、4枚半分。30分の自転車通勤なら、81キロ・カロリー、3・5枚分だ。

 そこでまず、電車やバスで座らないよう心がける。歩くときは、急ぎ足で姿勢良く。エレベーターやエスカレーターを避けて、階段を使おう。

 仕事帰りの買い物も好機。ウインドーショッピングなどを楽しみながら歩き回れば、気分転換にもなる。

 西沢さんは「通勤はほぼ毎日のことなので、意識的に階段を使うようにするだけで習慣化しやすい。コツコツ続ければ筋肉が付いて基礎代謝も上がり、太りにくい体づくりにもつながります」と助言している。


(つづく)

タバコの値上げと禁煙効果

大幅値上げでも喫煙者減らず、本数は減少

読売新聞より


 昨年10月のたばこの大幅な値上げ後も喫煙者は減っていないことが8日、厚生労働省研究班の調査でわかった。

 1人あたりの喫煙本数は減っており、1箱60?140円の値上げ効果は、「禁煙」ではなく「節煙」にとどまったようだ。

 鳥取大学の尾崎米厚(よねあつ)・准教授(環境予防医学)らは昨年11?12月、全国から無作為で選んだ成人男女1146人に喫煙の有無や喫煙本数などを面接調査。値上げ前の一昨年11?12月に調べたデータと比較した。

 喫煙率は男37・1%(一昨年36・1%)、女8・9%(同8・3%)で、値上げ前後でほとんど変化がなかった。一昨年の調査時には、喫煙者のうち男36・8%、女53・9%が、値段が2倍になったら禁煙すると回答。20円値上げなら、男6・2%、女9・2%が禁煙すると答えていた。この禁煙への決意が、現実には守れなかったことになる。


(つづく)

肥満大国から変化

米外食、「健康」へシフト

読売新聞より


マックがオートミール、加工食品の塩分カット

 米国の小売り大手や外食チェーンが、相次いで「健康」に配慮した食品の販売強化を打ち出している。

 「肥満大国」とされる米国では、生活習慣病に伴う医療費の負担が家計や財政圧迫の一因になっているからで、米政府も生活習慣病の予防に向けた食生活の改善に力を入れ始めている。

肥満対策
 ファストフード最大手の米マクドナルドは1月から、欧米では朝食の定番メニューの一つ「オートミール」を全米約1万4000店のメニューに加えた。つぶしたオーツ麦(カラスムギ)を煮て、かゆ状にしたオートミールは食物繊維が豊富だ。1・99ドル(約160円、税抜き)の小型カップ(砂糖なし)でハンバーガー1個分とほぼ同じ260キロ・カロリーだが、ハンバーガーより高い満腹感を得られるという。

 オートミールは、コーヒーチェーンのスターバックスが2008年に米国内で売り出しヒットした。マクドナルドは、健康志向が高くハンバーガーを敬遠してきた層の取り込みを目指す。


 ミシェル・オバマ米大統領夫人が子供の肥満率の低下に積極的なこともあり、肥満対策がクローズアップされている。「健康」への取り組みは、外食産業以外にも広がっている。

米政府の危機感
 こうした取り組みの背景には、米政府の危機感の高まりがある。

 米国では子供の3分の1以上、成人では3分の2以上が「体重過多」、もしくは「肥満」とされる。肥満が原因の経済的損失は、生産性の低下などを含めると03年の約750億ドルから、18年には3430億ドルと5倍近くに増えるとの専門家の試算もある。

 米農務省のビルサック長官は先月、「現状は無視できない危機的な状況だ」と述べ、生活習慣病による医療費などの負担増に強い懸念を示した。

 同省が5年おきに公表している「ダイエットの手引」も、今年は大幅に変更した。例えば、「成人の塩分摂取量は1日2300ミリ・グラム以下」としてきた従来の記載に、「51歳以上の人やアフリカ系米国人は1500ミリ・グラム以下」などと細分化した内容を加えた。

規制強化を警戒
 業界には、規制強化を警戒する声もある。

 米食品医薬品局(FDA)は年内に、全米で20か所以上の店舗がある外食チェーンなどに、メニューにカロリー表示を義務づけることを検討中とされ、企業にとっては新たな負担となる。

 企業が食材などを見直す背景には、「自発的に取り組むことで、より厳しい規制を避ける狙いがある」(米市場調査会社のエリック・ギャンデロン氏)との見方も出ている。(ニューヨーク 小谷野太郎)


(つづく)

国保料収納率最低

国保保険料の収納率88・01%、最低を更新

読売新聞より


 厚生労働省は4日、自営業者などが加入し、市町村が運営する国民健康保険の2009年度の財政状況(速報)を発表した。

 保険料の収納率は前年度比0・34ポイント減の88・01%となり、国民皆保険となった1961年度以降、08年度に続いて最低を更新した。

 収入は12兆8975億円、支出は12兆8070億円で905億円の黒字だったが、赤字補填(ほてん)のための一般会計からの繰入金を除くと2633億円の実質赤字だった。

 一方、都道府県ごとに設立された広域連合が運営している後期高齢者医療制度の09年度の財政状況(速報)は508億円の黒字で、保険料の収納率は99・00%と前年度比0・25ポイント改善された。


(つづく)

社会保障と消費税

社会保障と税、政府が議論開始…自公路線を踏襲

読売新聞より


 政府は5日、社会保障改革に関する集中検討会議(議長・菅首相)の初会合を首相官邸で開き、社会保障改革の対象として、年金、介護、高齢者医療の3分野に、現役世代にかかわる少子化対策と雇用問題を加えることを決めた。

 年金制度の具体像と消費税率引き上げが焦点となる。会議では、自公政権時代にまとめられた社会保障改革案を軸に、幅広い国民の理解を得ながら改革実現に向けた議論を進める方針で一致した。

 会議では、3月まで政党や経済団体、報道機関などの一体改革に関する提言案の公開ヒアリングを実施し、4月に社会保障改革の基本方針を、6月に税制などを含む一体改革案と実施時期を明記した工程表をそれぞれ取りまとめる方針を決めた。

 福田政権時代の社会保障国民会議、麻生政権時代の安心社会実現会議の報告書を基本に議論を進めていくことも確認した。


(つづく)

禁煙には「同志」

やってみた禁煙

読売新聞より


(3)同志の励まし 挫折防ぐ

 これで何度目の禁煙失敗か。自分の意志の弱さにうんざりしながらも、再スタートの道を探ることにした。

 「禁煙を続けていくには、志を同じくする仲間作りが有効」と話すのは、日本禁煙科学会認定「禁煙支援士」の肩書を持つ三浦秀史さん(52)。禁煙挑戦者どうしがメーリングリストで励まし合う「禁煙マラソン」事務局長を務める。

 参加者は、我慢できない時に「どうしても吸いたい」などと、気持ちを書き込む。すると、禁煙に成功した会員が「すぐ体を動かそう」「ここが踏ん張りどころ」といった励ましメールをただちに送ってくる。体験に基づく励ましには説得力があるためか、参加者の6割超が、1年以上の禁煙に成功。「励ます側になると、さらに長続きする」と、三浦さんは言う。

 電機大手のNEC(本社・東京)では、2008年から従業員の健康向上に禁煙マラソンを活用している。事業支援部の溝辺隆之さん(52)によると、これまでに385人が挑戦、約8割が成功した。溝辺さんは「メタボ対策などとともに、健康増進の一環として位置づけている」と話す。

 禁煙補助薬に加え、喫煙欲求を抑える内服薬が登場するなど、医学的にも禁煙支援の環境整備が進んできた。小社でも先月、職場の禁煙プログラムが始まり、記者も参加している。いつかは励ます側に回りたい。(原田信彦)


(つづく)

禁煙の落とし穴

やってみた禁煙

読売新聞より


(2)たった1本で逆戻り

 禁煙で最も苦しいのは開始直後の数日間と言われる。記者の場合、時折、強い喫煙欲求がわき起こるものの、禁煙補助薬を使ったせいか、比較的楽に乗り切った。

 気を良くして、さらに励むこと2週間。気がつくと肌つやが良くなり、歯も白くなってきた。食べ物を以前よりおいしく感じるようになり、他人のたばこの煙が嫌になりさえした。

 だが3週間後、とある酒席で見事に落とし穴にはまった。「1本だけなら大丈夫」と油断して、喫煙者からたばこをもらったのがきっかけだ。翌日から「もう1本」が始まり、たちまち元のもくあみと化した。

 「たった1本でも、いったん閉じた脳の『喫煙回路』が開いてしまう」と、高橋裕子・奈良女子大教授は話す。7年間禁煙していた人が再喫煙した例もあるというから怖い。この油断を、高橋さんは「ニコチンの反撃」と呼び「今、その1本を吸わないことが大切」と戒める。

 昨年10月1日のたばこの値上げを機に製薬会社ノバルティスファーマが実施したアンケート調査では、禁煙に挑戦した人のうち、4人に1人が結果的に喫煙を再開している。継続は難しい。

 「吸ってしまったことは仕方がない。マラソンの途中で転んだと思って再チャレンジを」と、高橋さん。禁煙に戻る意志だけは、強く持ち続けたい。(原田信彦)


(つづく)

禁煙補助薬

やってみた禁煙

読売新聞より


(1)補助薬使い依存から脱却

 たばこが大幅に値上げされたのは昨年10月1日。直前に30箱買いだめしたが、予想通り1か月で尽きた。これを機に、11月中旬から禁煙に挑むことにし、できれば楽にニコチンと縁を切りたいとコツを探った。

 日本禁煙科学会理事長の高橋裕子・奈良女子大教授によると、ニコチンには麻薬並みの強い身体的依存性がある。これに、喫煙が心地よいという記憶がもたらす心理的依存が重なる。禁煙が難しいのはこのためだ。

 どう立ち向かうか。「まずはニコチンを体内に一定量取り込む禁煙補助薬を使い、ニコチン切れによる身体症状を抑え込むのが得策」と、高橋さんは勧める。吸わなくても済む体の状態にしておいて、その間に心理的依存からの脱却に取り組む。その後に補助薬を減らして、最終的に身体的依存からも抜け出す作戦だ。

 補助薬にはチューインガムのタイプと、皮膚に張るパッチタイプがある。起床後1時間以内にたばこが欲しくなるような、身体的依存が強い人には、持続的にニコチンを吸収できるパッチタイプが向いているという。記者はパッチタイプを選択。吸いたい感覚は、確かに薄れた。

 心理的依存対策のポイントは、何より喫煙環境から遠ざかることだという。高橋さんは〈1〉たばこやライター、灰皿を捨てる〈2〉喫煙席のある店に入らない〈3〉たばこ自販機に近寄らない――などの「心得」を挙げている。(原田信彦)


(つづく)

トリアージ

救急患者の緊急度選別、基準導入13%のみ

読売新聞より


 救急隊員が現場で、搬送の緊急度などについて患者を選別する「トリアージ」の基準を設けている消防本部は全国で1割強に過ぎないことが、総務省消防庁の調査でわかった。

 6割以上は要請があれば患者を搬送しており、119番受信時の選別基準を設けている消防本部も3割以下だった。同庁は、トリアージを実施していない搬送の中には不要不急な事例もあるとみて、緊急度を判定する統一的な基準作りを始めた。

 総務省消防庁は2010年11月、全国802の消防本部に救急搬送時のトリアージ実施状況を聞いた。「基準を設け現場で実施」と回答した消防本部は13%(104本部)、「基準はないが、隊員が現場で搬送の要否を判断」が22・3%(179本部)、「要請があった患者は原則搬送」は64・2%(515本部)だった。

 119番受信時に「基準を設け、トリアージしている」は28・4%(228本部)にとどまった。同庁は、消防法が搬送対象について「傷病者のうち、緊急に搬送する必要があるもの」としか規定していないことや、医学的な検討が必要なことが背景にあるとみている。


(つづく)

未支給年金

死後必ず「未支給年金」

読売新聞より


 年金は死亡した月の分まで支払われる決まり。だが、後払い方式のため、本人が生存中に受け取れない分が必ず生じる。その分は「未支給年金」と扱われ、同居の親族が受け取れるが、一人暮らしだと原則的に相続人にも支給されず、国のものになる。独居の高齢者が増えるなか、疑問視する声も上がっている。(林真奈美)

別居の親族、原則受け取れず

 千葉県船橋市で2008年9月、一人暮らしの82歳の女性が亡くなった。翌10月に8、9月分の国民年金と厚生年金合計約23万円が女性名義の銀行口座に振り込まれた。約1年後、女性の相続財産管理人を務める弁護士の大島有紀子さんに、国がこの年金の全額返還を求めてきた。年金は本人しか受け取れないので、死亡後に振り込んだ分は「払い過ぎ」だというのだ。

 「死亡した月までの支給を約束しているのに、後払い分を『死亡時点で受給権は失われた』と払わないのはおかしい」。問い合わせても納得のいく回答は得られず、大島さんは返還の必要がないことの確認を求めて昨年7月、東京地裁に提訴した。判決は来月の予定だ。



 公的年金は、死亡した月まで支給すると規定されている。実際の支払いは、偶数月の15日に、その前月と前々月の2か月分が指定口座などに振り込まれる。このため、受給者が死亡すると、本人が受け取り損ねた年金が必ず1か月分以上生じてしまう。

 受給の権利があるのに生存中に支払われなかった年金は「未支給年金」と呼ばれる。同居する配偶者や子供など一定の遺族がいれば、請求して受け取ることができる。一方、一人暮らしだと、相続人でも基本的に受け取れない。死亡届の処理が間に合わず、死後に本人の口座に振り込まれた場合は、相続人などが返還を求められる。

 厚生労働省は「年金は本人の生活を支えるためのもので、譲渡や差し押さえが禁じられている。本人以外は受け取れず、相続もできない」(年金局年金課)と説明。未支給年金は相続とは別の仕組みで、生計を同じくしていた遺族に特別に給付を認めているという。

 これに対し、大島さんは「差し押さえなどの禁止は本人保護が目的で、相続を禁じる根拠にならない。生前に請求しなかった年金と違い、後払い分の年金は本人も当然支給を期待していたもの。未支給年金と扱わず、相続を認めて支払うべきだ」と主張する。


 公務員の共済年金や労働者災害補償保険では、未支給分は同居する一定の遺族に支給され、該当者がいなければ相続人に支給される。一人暮らしでも、誰かが受け取れる仕組みだ。

 社会保険労務士の遠藤貞昭さんは「本来、年金は生存中に支払われるべきで、未支給分が必ず発生する後払いの仕組みは問題。毎月1日にその月の分を支払えばいい」と提案する。ただ、年金受給者の死亡届は死後10日(国民年金は14日)以内に出せばよく、「前月中に死亡した人に支払ってしまい、返還を求めるケースが相当増える」(年金課)との懸念もあり、課題は多い。

 一人暮らしでも、「金銭的援助をしていた」などと別居の親族が未支給年金を受給できる場合もあるが、窓口ごとに対応にばらつきがあるのが実情だ。

 2005年の国勢調査では、一人暮らしの高齢者は386万人で5年前より27・5%増加。今後さらに増える見込みだ。年金実務センターの公文昭夫代表は、「一人暮らしの増加に伴い、国に残る未支給年金も増える。約束された年金が支給されないケースが多くなれば、制度の信頼にかかわる。世帯の変化に応じ、見直しを検討する必要がある」と指摘している。

未支給年金を請求できる遺族
 配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の順。
 ※生計を同じくしていたことが要件。先順位者がいれば後順位者は請求できない
 ◆未支給年金の請求先は、各年金事務所または年金相談センターなど。所在地、連絡先等は日本年金機構ホームページ(http://www.nenkin.go.jp/index.html)。


(つづく)
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。