プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護施設の集団感染対策

介護施設の集団感染対策

読売新聞より


(上)マニュアル作り 病院並み防御も
肺炎、食中毒…高齢者に脅威

 東京都町田市の病院で発生したインフルエンザの集団感染により死亡した3人は、いずれも高齢者だった。インフルエンザ、ノロウイルス、肺炎など、様々な感染症が流行しやすいこの季節は、高齢者施設にとっても細心の注意と防御が必要となる。感染症対策に取り組む現場の工夫と課題を取材した。(梅崎正直)

3年前の教訓
 東京都北区の特別養護老人ホーム「みずべの苑(その)」。玄関を入ると真っ先に目に入るのが「感染源STOP!!」と書かれたプレートだ。同様の掲示は施設内の至る所にあり、外来者は消毒液で手を殺菌しなければならない。この感染症への警戒ぶりには、3年前の苦い経験が関係している。

 正月に一時帰宅した入所者の一人が、ホームに戻ったその日に嘔吐(おうと)した。川崎千鶴子施設長の脳裏に「ノロウイルスでは」との疑念が一瞬浮かんだが、週末でもあり、様子を見ることにした。

 月曜日を迎えると、事態は急速に悪化していた。感染者はその時点で7人。「感染をワンフロアだけで食い止めよう」という懸命の努力もむなしく、最終的に入所者21人、職員13人へと広がった。

 「稼働できる人数が減り、職員は疲弊していった。マスクなどの物品も足りなくなっていった。いつ終息するのか、先が見えない。恐怖でした」と、川崎施設長は振り返る。

 ノロウイルスは胃腸炎を引き起こすウイルスで、通常は軽症で終わることが多い。しかし、体力の衰えた高齢者が感染すると、死に至る危険性もある。幸いにして、みずべの苑の集団感染は死亡者を出さずに終息し、大きな教訓を残した。感染を「最初の1人から広げない」ということだ。

 職員がウイルスを運ぶのを防ぐため、嘔吐物の処理など感染者の介護は「第一発見者」だけが行い、それを2人の職員がサポートする3人体制をつくった。3人1組での訓練を、全職員が見る前で行い、問題点を指摘し合った。

 必要な物を取りに走ることで感染を広げないために、防護用のガウンや手袋、ビニール袋などをひとまとめにして用意。職員控室では、お菓子を素手で食べることを禁止した。川崎施設長が言う。

 「集団感染は、普通の対策では防げない。常に危機感を維持することが必要だ」

開設時から徹底
 開設時から感染症対策に力を注いでいる新しい施設もある。埼玉県ふじみ野市の老人保健施設「イムスケアふじみの」は、2006年10月の開業以来、一貫して感染症予防策を行い、経験を積み上げてきた。

 総合的なマニュアルに加え、キッチン、風呂、職員の控室など、場所ごとに作業マニュアルと詳細なチェックリストを作成。さらに、「感染委員」も作って、委員による抜き打ち検査を始めた。施設の至る所にアルコール消毒液も置いている。

 岩下美恵子看護主任は、「病院に比べ看護スタッフは少ないが、病院並みの感染症対策をしなければならないし、できると思う」と話す。

検証・訓練が必要

 冬季はノロウイルスだけでなく、インフルエンザや肺炎などの感染症が流行しやすい。ひとたび感染すると重篤化しやすい高齢者への対策には、厚生労働省も神経をとがらせ、05年には「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」を作成した。それに沿って各施設でも独自にマニュアルが作成されている。

 しかし、型通りのマニュアルだけで、危機に対処できるわけではない。たとえば予防には、「手袋の着用」「せっけんと流水による手洗い」「感染が予想されるときのマスク、ゴーグルの着用」「感染が予想されるときのプラスチックエプロンの使用」といった「標準予防策」の励行が基本とされる。だが、肝心なのは、それを徹底するための努力と工夫だ。

 厚労省のマニュアル作成に携わった東邦大学の辻明良教授も、「マニュアルを作るだけでは不十分。感染が起きたときに、それが機能するかどうかの検証や訓練を、各施設で行う必要がある」と指摘している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1019-30e78ff4

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。