プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お部屋のカビ対策

お部屋の空気

読売新聞より


(2)カビ・ダニ対策まめに換気

湿気防止のため、げた箱は少しすき間をあけておく 東京都の会社員(44)は昨年、築20年の中古マンションを購入した。元の持ち主が居住中に契約したのだが、明け渡されてびっくり。部屋の隅の壁がカビだらけだった。

 リフォーム時に除去して一件落着したが、住み始めると「家の中が密閉された感じ」に気がついた。あまり暖房を入れなくても冬暖かいのはありがたいが、部屋の湿気が気になるという。

 「冬場に乾燥する地域でも、マンションでは湿気対策が必要な場合がある」と東海大医学部講師の逢坂文夫さん。

 気密性が高いのに換気が不十分だと、室内で発生した水蒸気が排出できずに湿度が上がる。特に冬は室内の温度差が生じやすいので、暖かい空気が冷えて水がたまり、カビやダニの温床になりやすい。

 逢坂さんによると、マンションなど集合住宅に住む子供のダニに対するアレルギー反応(血液中のダニ抗体陽性率)は、木造一戸建てに住む子供より高かった。「集合住宅の方がダニが繁殖しやすく、ダニの死がいを含んだホコリが体内に入ることでアレルギーが起きやすくなる」と話す。

 自宅でこまめに湿気対策をしているという逢坂さんの提案は、まず、風呂場やトイレなどの換気扇を常時つけ、定期的に窓を開けて換気する。加湿器を使う場合でも湿度は60%以下に抑える。扇風機を弱めに回して室内の空気を循環させる。エアコンは水がたまってカビをまき散らすことがあるので、掃除しておく。

 中が湿気やすい押し入れや納戸、げた箱などはすき間を開けておく。押し入れのふとんは壁から離してしまう。

 「最後の頼りは鼻。鼻でかいでカビ臭いと思った場所は、定期的に水ぶきとからぶきをし、扇風機を当てて乾燥させると効果的」と話す。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1035-985217ab

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。