プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひざの痛み(3)

ひざの痛み

読売新聞より


(3)太れば太るほど負担に
 「ひざ痛は、肥満によって引き起こされる痛みだといえます」。虎の門病院(東京)整形外科部長の山本精三さん(52)はこう断言する。

 平らな場所を歩くだけでひざには体重の1・5?2倍、階段では2?3倍の力がかかる。太っていれば、太っているだけ、余計に負担がかかり、ひざを痛めてしまうわけだ。

 山本さん自身、数年前、歩く時にひざの痛みを感じていた。アメリカに留学した時、車中心の生活で運動不足になり、太ったためだという。

 日本に戻ってから心機一転、食事療法を中心にした生活習慣=表=を身につけ、10キロの減量に成功。身長178センチ、体重69キロと標準体重になって以降、ひざの痛みは消えた。

 運動だけでも肥満を解消することはできるが、「年を取れば取るほど、大きなエネルギーを消費する運動を突然始めることは難しく、現実的でない」。そこで、ひざの痛い人にも無理のないこの方法を勧めている。

 ひざ痛治療で、注射をするために定期的に通っていた女性患者が最近、5キロほどダイエットに成功すると、ひざの炎症が治まったという。「こんなに痛くないのなら、早くやせれば良かった」という声を聞いたという山本さんは「ダイエットすることは、水中歩行で体が軽くなっていることと同じ。どれだけ動きが楽になるか、わかると思います」と指摘する。

 もちろん、ひざの悪化が進行すると、人工関節を入れるといった手術が必要になる。しかし、手術が必要になる患者は一部に過ぎず、「普通の人は、いまの関節を長持ちさせる『保存療法』が中心になることを忘れないで」と山本さんは話す。

 日本整形外科学会でも、関節や筋肉、神経などの「運動器」が衰え、要介護となる一歩手前の状態を「ロコモティブ(運動器)・シンドローム」と定義し、「ロコモ」防止のため、健康な生活を送る知識を持つことを呼びかけ始めている。

 山本さんは「食事に気をつけるだけでなく、筋肉トレーニングの習慣を取り入れるなど、生活全体を見直してほしい。それがひざを長持ちさせることになります」と強調する。

ひざ痛を防ぐ生活習慣(山本さんの話から)
・間食をしない(間食の習慣をつけない)
・腹八分目を心がける
・食事は先に野菜から食べる
・毎日体重計に乗る
・適度な運動を毎日心がける


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1044-0176713e

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。