プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマーと漢方

アルツハイマーの症状抑制→漢方薬の効能裏付け…阪大グループ

読売新聞より


 幻覚や妄想などアルツハイマー病の周辺症状にも処方される漢方薬「抑肝散(よくかんさん)」に、症状の原因と考えられる脳の神経細胞死を抑える効果があることが、大阪大の遠山正彌教授、松崎伸介助教らの研究でわかった。

 漢方薬の効能の仕組みに迫る成果として注目される。

 松崎助教らが着目したのは、細胞内のたんぱく質の形を整える小胞体にある遺伝子で、遺伝性のアルツハイマー病患者に変異が多いプレセニリン1(PS1)。PS1が変異した小胞体は、神経伝達に重要なカルシウムの濃度変化に対応できず機能が低下、不完全なたんぱく質が蓄積して細胞死が起きる。

 実験では、PS1を変異させた実験用の神経細胞を使い、小胞体内のカルシウム濃度を変化させる薬剤を投与。約60%が死滅したが、抑肝散を加えると死滅率は約25%に減った。抑肝散は子供の夜泣きや疳(かん)の虫などを抑えるために使われてきた漢方薬。遠山教授は「患者の多くを占める老年性アルツハイマー病も小胞体の機能低下が関係しており、今回の結果と同様の仕組みで周辺症状を抑えている可能性が高い」と話している。


アルツハイマー型の認知症の症状を抑えるのに、漢方薬の処方が紹介されています。
アルツハイマーを根治する事は出来なくても、神経細胞の機能低下や壊死を抑える働きが、
特定の漢方薬に含まれているそうです。
こうした研究をきっかけに、根治する方法が見つかると良いですね。

誰でも年を取り、病気に掛かる可能性は否定できません。
重要な脳の健康を日々維持する為にケアする事が重要です。
出来れば将来掛かる可能性のある病気に掛からないように、
伴う経済的負担、損失、家族の心労は避けられるものならそうしたいですね。
メキキリンクの「速冴え」は、脳や目の健康をサポートする贅沢三昧の素材が魅力です。
例えば、「速冴え」に含まれている「ビンカマイナー(ヒメツルニチニチソウ)」「イチョウ葉エキス」は、
それらの素材にしか含まれていない独自の貴重な素材が、
取替えのきかない、司令塔である脳の働きをサポートします。

是非若い方ほど早い時期から愛用頂きたいサプリメントです。


http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1054-d86f6eb3

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。