プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウナの温度

サウナですっきり

読売新聞より


(2)リラックスには75?85度

 サウナ室内は、高さを2?3段にわけて座れるようになっていることが多いが、これには、実はちゃんと意味がある。座る位置の高さにより、ちょうどよい温度を選べるようにするためだ。

 日本サウナ・スパ協会によると、標準的な営業用サウナは室温が約90度に設定されており、天井の高さは2・4メートルくらい。これを3段階にわけるとすると、最上段では80度、中段では70度、下段では60度、床は40度くらいになる。熱いのが好きな人は最上段に、苦手な人は下段を選ぶといい。

 温泉やサウナを使った健康法に詳しい北海道大医学部名誉教授の阿岸祐幸さん(77)は「日本では室温100度くらいのサウナを好む人も多いが、90度以上になると交感神経が刺激され、血圧が上がったり心拍数が多くなったりして、体にかかる負担が大きい」と指摘する。

 リラックス効果を得るには、発汗作用は十分だが刺激は強過ぎない75?85度くらいが目安。熱いサウナは、特に高血圧や動脈硬化の心配があるお年寄り、病み上がりで体力が回復していない人、ひどい二日酔いの時などは避けるべきだという。

 サウナにダイエット効果を期待する人もいるが、勧められない。直後は、かいた汗の分だけ体重が減るが、水分を補給すると戻ってしまう。かといって水分をとらないのは禁物だ。阿岸さんは「サウナだけでやせようとすると水分のバランスを崩すので体によくない。サウナと運動、食事管理を組み合わせて取り組んで」とアドバイスする。

 サウナの後は、冷たいビールといきたいところだが、水分補給にアルコールは不向き。汗と一緒に流れたナトリウムやカリウムを補うスポーツドリンクや、代謝を円滑にするビタミンを含む果物ジュースが望ましい。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1091-50b92841

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。