プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコノミークラス症候群

旅を快適に

読売新聞より


(1)座ったまま6時間 危険
 行楽シーズン到来。旅を満喫するには、体調を崩さないことが第一だ。安全に快適に旅を楽しむコツを紹介する。

 じっと座ったままで長時間移動するなら、「ロングフライト血栓症」に注意したい。「エコノミークラス症候群」とも呼ばれ、脚を動かさないために血流が滞り、脚の静脈に血栓ができる病気。脚にむくみや鈍痛が起きるほか、その血栓が心臓を通って肺に飛ぶと、呼吸困難や失神、悪くすると命にかかわることもある。

 エコノミークラスやフライトなど、飛行機にちなんだ名前がついているが、車や列車でも発症する。座席幅の広いファーストクラスやビジネスクラスでも危険はある。

 日本旅行医学会専務理事の篠塚規(ただし)さんは「長時間、脚を動かさない状態でいることが危ない。高速道路で激しい渋滞が起きて、車に閉じこめられる時間が長ければ注意が必要です」と警告する。一般には、座ったままの移動が6時間を超えると、発症の危険が増す。

 発症を防ぐために、日本旅行医学会では、七つの予防策を提唱している=表=。

 予防のポイントは、脚の筋肉、特にふくらはぎを動かすこと。一番効果があるのは、歩くこと。少し離れた場所のトイレに行くなどして、歩く機会を増やそう。女性や高齢者は隣に遠慮してトイレを我慢しがちなので、通路側の席を勧めている。

 座席を離れられない時は、足先を動かし、腹式呼吸で血流をよくする。長時間の移動では、体をしめつけない下着や服を身につけ、座席ではベルトを10センチほどゆるめよう。脱水状態も血栓症を引き起こすので、ミネラルウオーターか薄いお茶を飲む。アルコールは利尿作用があるので控えめに。

 血栓ができやすい人(高齢者やがん患者、経口避妊薬や女性ホルモン補充療法を受けている人など)や、血流が滞りやすい人(肥満者や妊婦など)、旅行前1週間以内にサッカーや格闘技など激しい運動で静脈の血管壁を損傷した人は発症のリスクが高い。事前に医師に相談したい。

日本旅行医学会が提唱する七つの予防策
〈1〉2?3時間ごとに歩く
〈2〉1時間ごとに3?5分、座席に座ったまま、かかとや爪先の上下運動と腹式呼吸を行う
〈3〉水分をとる
〈4〉ゆったりした服装を
〈5〉血行を悪くするので足は組まない
〈6〉不自然な姿勢で寝てしまうので、睡眠薬は使用しない
〈7〉女性や高齢者は通路側に座る


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1113-91176962

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。