プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水中運動

水中運動

読売新聞より


(1)高齢者に無理なく安全

 健康作りのために運動を始めようと思っても、ひざや腰などをいためるのが不安という人は多い。そんな人にお薦めなのが、体に無理のかからない「水中運動」だ。

 元水泳選手でオリンピックメダリストの山中毅さん(70)(都内在住)は、「水中運動の最大の利点は安全であること。特に、高齢者や障害を持つ人、肥満の人などに向いている」と話す。

 山中さんは10年ほど前から、中高年を対象に、水中ウオーキングを中心とした1時間半?2時間の運動プログラムを指導している。

 「高齢になって最初に衰えるのは足。足が自分のイメージ通りに上がらず、つまずいて転んだりする。水中ウオーキングで、体力がつくだけでなく、けがをしにくい体が作れる」と山中さん。

 胸まで水につかると、浮力によって体重は70%減少する。歩いたりジャンプしたりした時に、ひざや腰にかかる負荷は大幅に軽くなる。さらに、水中では、足を大きく開いたり上げたりといった、陸上では難しい動きができるため、関節の可動域が広がる。つまり、自然に柔軟性が高まり、けがに強い体になる、というわけだ。

 山中さんのプログラムには、〈1〉かかとから着地する前歩き〈2〉爪先から下りる後ろ歩き〈3〉できるだけ大きく足を開く横歩き〈4〉体幹に直角になるまで足を上げるもも上げ〈5〉足を大きく前に踏み出す大また歩き――など、様々な筋肉を使う動きが取り入れられている。

 さらに、足を上げる運動を水中で何度も繰り返すことで、自分のイメージ通りに足を上げられるようになる。すると、日常生活でも、段差などにつまずきにくくなるので、転倒予防にもつながる。山中さんは、「水中運動は、高齢者でも無理なく始められる。一緒にやれるグループを作ったりして定期的に運動するのが大事」と強調している。


(つづく)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1126-fca1260b

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。