プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェインとアルツハイマー症

マウスのアルツハイマー病、カフェインで改善

朝日新聞より


 コーヒーなどに含まれるカフェインがアルツハイマー病の認知症状を改善するとともに、患者の脳に沈着する異常なたんぱく質が作られにくくすることを埼玉医大の森隆准教授ら日米のチームがマウスの実験で確認した。米医学誌「ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズ」(電子版)で発表した。

 研究チームは、アルツハイマー病を発症した生後約18カ月の高齢モデルマウスに、人間で換算すると1日当たりコーヒー5杯に相当するカフェインを水に混ぜて1カ月飲ませ、認知や運動機能テストなど8項目について調べた。

 目的地まで迷子にならないかを調べる実験では、カフェインを飲ませたマウスはミスが減って毎回場所が変わる目的地までの到達時間も早くなり、健康なマウスと同程度の成績だった。水だけを飲んだマウスでは症状は改善しなかった。

 カフェインを飲ませたマウスは、記憶をつかさどる脳の海馬や大脳皮質で異常なたんぱくの沈着が減少。カフェインの投与で異常なたんぱく質を作り出す酵素の働きが抑えられることも分かった。

 森准教授は「人間の疫学調査などで予想されていた症状改善の仕組みが解明できた。マウスではあるが、症状の進行を抑える方法を考えるうえで有効なデータだと思う」と話している。(竹石涼子)


カフェインがアルツハイマー症の症状を抑える働きがあるんですね。
実用化されればうれしいニュースです。
国内だけで今後数百万人の患者さんとそのご家族の労苦を少しでも和らげていければ良いですね。

メキキリンクでは、栄養機能食品「速冴え」を通じ、
頭の健康をはじめ、前もってトラブルを回避できる環境作りに貢献できる
贅沢三昧な素材の組み合わせを提供しています。
大手製薬会社が作る安心、信頼のサプリメント「速冴え」
是非ご愛用下さい。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

検索エンジンからお邪魔しました。
カフェインとアルツハイマーとの関係私も読みました。私のおばあちゃんなんか早速コーヒーを毎朝飲み始めました。「家族のためや!!」と言いながら。
2009-07-01 20:11 | 副業!在宅ワーク.com #mQop/nM. | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1169-45bc9a58

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。