プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爪をいたわる

爪をいたわる

読売新聞より


(3)はがれ 菌の繁殖に注意

 爪にマニキュアを塗ったり、付け爪をしたりするネイルアートは、女性に人気が高い。ただ、塗ったものを落とす際に爪の健康を損ねる恐れがあり注意が必要だ。

 マニキュアなど爪に塗ったものを落とす際には、リムーバー(除光液)を使う。このリムーバーには有機溶剤のアセトンが含まれているものが多く、落とす際に爪が傷み、薄くなったりもろくなったりする恐れがある。

 また、最近人気を集めているジェルネイルは、ジェル状の樹脂を爪に塗り、紫外線を当てて固めるもので、丈夫で長持ちする。ただ、これを落とす際もリムーバーを用いることがある。

 よしき皮膚科クリニック銀座(東京)の院長、吉木伸子さんは「リムーバーを使う頻度を少なくすることが大切」と助言する。

 より注意を要するのは、爪の先がはがれ、皮膚との間に深いすき間ができる爪甲剥離(そうこうはくり)症だ。爪を伸ばしたまま、日常的にパソコンのキーボードをたたくといった状況が続くと、徐々に爪がはがれてしまうが、通常は気付く。だが、マニキュアをしていると、気付きにくい。長い付け爪をしている場合も同じだ。初期の段階であれば、付け爪や爪を伸ばすのをやめればすき間は治るが、慢性化すると元に戻らなくなることがある。

 また、爪甲剥離症になると、すき間に緑膿菌(りょくのうきん)という菌が繁殖し、緑に変色するグリーンネイルも起きやすくなる。すき間は乾きづらく、常に湿った状態になるためだ。

 緑膿菌そのものは病原性が弱く、健康な人にとっては怖いものではない。だが、病気などで抵抗力の弱った人は、感染して肺炎を起こすこともある。

 吉木さんは「爪は生え替わるから何をしてもいいなどと考えるのではなく、治らなくなるものもあることを念頭に置いてほしい」と指摘する。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1271-422c63bb

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。