プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴選びのポイント

靴選び

読売新聞より


(2)ビジネス用、爪先に余裕を

 靴選びには、まず自分の足の大きさを知ることから始めたい。日本靴小売商連盟(東京)事務局長の佐宗秀行さんは「足の大きさは、足の長さを表す『足長』、親指と小指のそれぞれの付け根の幅を表す『足幅』、足幅の周囲を表す『足囲』の3点がある」と話す。

 足長は、かかとから一番遠い指で測る。日本人に多いのが、親指が一番長いエジプト形と呼ばれるタイプだ。次いで第2指が長いギリシャ形、どちらも同じくらいのスクエア形の計3タイプがある。

 靴のサイズは通常、足長と足囲(男性A?G、女性A?F)で表される。例えば「男性25・0E」の場合、足長が25センチで、足囲は243ミリを表す。足長は0・5センチ刻み、足囲はAが一番細く、6ミリ刻みで増えていく。佐宗さんは「同じ足囲でも、甲が高い人も平たい人もいる。左右で大きさが異なる人もいるので、必ず両足で試し履きすること」とアドバイスする。

 靴選びの主なポイントについて、佐宗さんは〈1〉指が締め付けられず、爪先に1センチぐらいの余裕がある〈2〉かかとがきつかったり、緩くて抜けたりしない〈3〉甲がしっかりと固定されている――などを挙げる。かかとと甲がぐらついてしまうと、足の指が踏ん張ったり、前に動いて爪先に圧力がかかる原因となってしまう。

 ビジネス用の靴を休日に買う際、厚い綿の靴下などを履いていると、サイズが違ってしまう。ビジネス用の靴下を持参したい。

 一方、スニーカーなどのカジュアルな靴は、運動靴が元になっている。運動靴は、爪先に余裕を持たせず、ぴったり履くのが基本。このためカジュアル靴で爪先に余裕を持たせて選ぶと、ビジネス靴より大きめのサイズになることがある。佐宗さんは「あくまで履き心地を優先して選んでほしい」と話している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1298-3978dc02

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。