プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症と漢方

高齢者と漢方

読売新聞より


(1)認知症の妄想・徘徊を改善

 高齢化によるさまざまな症状や認知症などに、漢方が効くことが明らかになってきた。どんな時に、どう活用すればいいのだろう。

 高齢者に多い病気の中で、介護する家族らの負担が大きいのは、アルツハイマーや脳血管障害に伴って起きる認知症だ。時間の感覚や場所がわからなくなる見当識障害や記憶障害などは認知症の「中核症状」と言われるが、介護者にとって、「中核症状」より「周辺症状」の方が大きなストレスになることがわかっている。

 周辺症状には、暴力や幻覚、徘徊(はいかい)などがある。これらを軽くするとされるのが、漢方薬の「抑肝散(よくかんさん)」だ。

 東北大学加齢医学研究所の荒井啓行(ひろゆき)教授らのグループは2005年、抑肝散を1か月間ほど投与することで、多くの患者の症状が改善されることを発見した。

 妄想や徘徊などを抑えるには従来、抗精神病薬を使うのが主流。しかし、ふらつきなどの副作用のほか、認知症高齢者への投与で死亡率が上がる危険性も、アメリカで報告された。

 抑肝散の「肝」は、漢方医学的にいえば、血を蓄えて精神活動をつかさどる部位。肝の働きが病的になると、怒りっぽくなったり多動になったりする。荒井教授は「抑肝散は、幻覚などの原因となる『脳の暴走』を止めると考えられる」と説明する。

 荒井教授が診た60歳代の女性のケース。財布や下着などの置き場所を忘れているだけなのに「泥棒にとられた」と激しく騒ぐため、介護者は疲れ果てていた。しかし、抑肝散の投与で次第に幻覚や興奮が治まったという。

 抑肝散の医療保険上の適応症は「不眠や子供の夜泣き」。多動症や徘徊などには認められておらず、抑うつ的な症状がある人にも向かない。もし家族に認知症の周辺症状があるようなら、漢方に詳しい医師の診察を受け、相談してみた方がよい。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1311-8574443e

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。