プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断食志向

断食してみた

読売新聞より


(3)性格や生活 見つめ直す

 断食道場で、減量できたり、体調が良くなったりしたとしても、帰ったらどうなるのか。

 ダイエット目的に、記者が入門した兵庫県洲本市の「五色(ごしき)県民健康村健康道場」。道場長の笹田信五さん(61)は言う。「食べ過ぎ、飲み過ぎや心身の不調を招いたストレスを根本から解決しなければ、簡単にリバウンドします」

 それでは困るので、この道場ではリバウンド対策として、性格分析と座禅で使う丹田呼吸法の講義も用意する。性格分析でストレスの原因を明らかにし、呼吸法で自律神経の働きを高めてストレス解消を図るという作戦だ。

 好きな仕事をしている自分にストレスがあるとは思えない。だが、深夜の帰宅後、寝付けずに、ワインや焼酎を飲みながら、おつまみもしっかり食べる習慣は続いている。

 入所前の宿題として全員が行う性格分析テストによると、私は好奇心は強いが、合理性に欠け、我が道を行くタイプ。講義では、ストレスの最大要因となる人間関係の問題が、互いの性格のどんなずれから生まれるのかが解説され、自身の問題を整理させられる。

 講義のもう一つの柱は、豊かな時代に増えた現代型ストレスの解説。中でも、「自分を生きたい自分」と「社会適応しようとする自分」が葛藤(かっとう)するというストレスには、思い当たる節があった。

 中堅世代となり、思い入れの強いテーマで仕事ができるようになっても、組織の中では自分の思いがすべて通るわけではない。私の頑固な性格はその葛藤を余計強め、無意識に帰宅後の飲食で紛らわせていたのではないか。「この性格で新聞記者を続けたいならストレス解決は無理」と半分リバウンドを覚悟した。

 食堂や講義で顔を合わせるうちに始まった入所者同士のおしゃべりも、自分を見つめ直す大切な時間だった。リウマチに悩む50代の女性は仕事のストレスを、過食症の30代の女性は家族の介護に縛られた日々を打ち明けた。日常生活の役割を脱ぎ捨て、同じ過酷な状況下に置かれると、世代や立場を超えて悩みをさらけ出しやすい。自助グループに似た不思議な連帯感がそこにはあった。(岩永直子)


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1321-e67d07b7

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。