プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高次脳機能障害

高次脳機能障害 運転希望者に病院協力

読売新聞より


教習所と連携、適否探る

 脳の損傷により、時には日常活動に支障が出る「高次脳機能障害」。退院後の生活再建に必要な自動車の運転を控えなければならない患者も多い。患者支援を目指し、病院や自動車教習所などが連携し、運転の適否を探る取り組みが進んでいる。(内田健司)

注意事項9か条
 岡山県玉野市で会社を経営する田中浩一さん(仮名)(60)宅の、食卓に張ってあった「運転9か条」が今年初め、2年ぶりに外された。

 田中さんは2007年、脳こうそくで倒れ、「高次脳機能障害」と診断された。9か条を作成したのは、入院先の岡山旭東病院(岡山市)でリハビリを担当した作業療法士、酒井英顕さん(29)。退院後、「再びハンドルを握りたい」と、自動車教習所や県の運転免許センターに通い、運転適性検査や実技指導を受ける田中さんに同行。そこで受けた助言などを参考に、子供が通る道はスピードを控える、自分中心の運転をしない――など、田中さんの症状に合わせて注意事項をまとめた。

 家族が同乗しながら、少しずつ運転の機会を増やしてきたが、一人で運転しても大丈夫かなと、家族が思えるようになってきたため、9か条からの卒業にこぎつけた。田中さんは、「運転には自信があったが、適性検査の結果や教習所の指導で、より注意が必要だと感じた。運転ができない生活は考えられなかったし、仕事をすることがリハビリにもなる」と振り返る。

不安抱える患者
 岡山旭東病院では、入院患者のうち7割が自宅復帰し、そのうち8割が再び運転することを考えている。野間博光リハビリテーション課長は、「高次脳機能障害があっても、歩けたり運動機能に問題がないと、周りからはなかなか病状を理解してもらえないことが多い。特に復職と運転再開に力を入れている」と話す。11人いる作業療法士のうち3人を運転担当にし、患者家族、運転免許センターとも連携する仕組みを作り、試行を続けている。

 酒井さんは「病気の後に運転できるかどうか、患者も家族も不安に思っている。運転を再開するにしても断念するにしても、自分がどういう状況にあるかを客観的に調べてもらった上で、最後は患者・家族が判断できるように情報提供するのが仕事です」と話す。

 高次脳機能障害と診断されても、運転免許更新の際に明確な基準があるわけではないが、県の自動車運転免許センターでは年20件前後、田中さんに類似した相談を受け付けている。県警運転免許課の池田浩己主幹は、「運転適性検査の結果からだけでは適否は判断できない。まずは相談者らがどうしたいのかの判断をした上で、相談にきてほしい」と話している。

血流センサー活用
 運転機能を判定するため、昭和大学東病院(東京都品川区)では、患者の頭にセンサーを付け、脳血流を測定する機械を使っている。医師や作業療法士らが、複数の検査結果を踏まえた注意点などを助言する。

 「運転と認知機能研究会」世話人代表で、昭和大の三村將・准教授(精神医学)は「病気によって運転にどんな影響が出るか異なり、病院での検査はあくまで運転が大丈夫かどうかの目安。安全性に問題のある患者は運転を再開する前に、自動車教習所などで実車で評価をするのが望ましい」と話している。


 ◆運転と認知機能研究会(http://cogdrive.org/)

 ◆認知症高齢者の自動車運転については、国立長寿医療センターの荒井由美子部長が監修した「家族介護者の支援マニュアル」(http://www.nils.go.jp/department/dgp/index-dgp-j.htm)が参考になる。


高次脳機能障害
 脳卒中などの病気や事故で、脳に損傷を受けた場合に起きる。うまく話せなかったり、新しいことが覚えられなかったり、怒りっぽくやる気が出なかったりなどの症状が見られる。症状を自覚しにくい上、見た目ではわかりにくいため「見えない障害」とも言われる。リハビリなどの支援が必要な患者は全国に約6万8000人おり、毎年約2800人が発症するとの推計がある。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1416-c133f840

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。