プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全運転と脳トレ

元気に安全運転

読売新聞より


(3)脳トレで注意力を維持

 65歳以上のドライバーに、特有の事故はあるのだろうか。

 日本損害保険協会は2002年度に起きた事故について、運転者が65歳以上と65歳未満の場合に分けて分析した。その結果、65歳以上は「出合い頭衝突」の割合が急に増えた。このタイプの事故が起きるのは、注意力が若い年代に比べて下がるからだという。

 こうした事故を未然に防ぐため、日本自動車工業会は08年、脳トレで有名な川島隆太・東北大学教授の助言を得て、「交通脳トレ3か月」を作成した。文字ひろいや間違い探しなどのゲームのほか、音読、計算など、1日10分程度でできる設問が3か月分ある。

 脳トレの効果には疑問の声もあるが、中山章・同会参与は「ゲームを通じて、安全運転には注意力がとても大事だということを、高齢者に認識してもらえる」と、意義を語る。

 同会は「交通安全トレーニング」という実習教材も作った。公道の危険な場所などを高齢者同士がグループで話し合い、自分たちで答えを見つけるという内容だ。同会は交通脳トレと一緒に使うことを勧めている。

 岡山県倉敷市の主婦、松井和子さん(59)は今年2月から、この教材を地域住民20人と一緒に使い始めた。「講師が一方的に話す従来の講義と違い、参加者が楽しみながら自発的に取り組んでいる」と、松井さんは効果を語る。

 インターネット上にあるゲームソフトなら、一人でも利用できる。日本興亜損保は01年から、同社のホームページ上で桃太郎の鬼退治をモチーフにしたソフト「ももたろうの大冒険」を公開した。画面上のサル、キジ、犬をマウスで操って鬼を攻撃し、ゲームの結果から、注意力やスピード感覚などを3段階で診断してくれる。

 同社の広報担当者は「高齢者も含め、ドライバーが自分の安全運転能力を確認するきっかけになれば」と、話している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1426-05dd49e9

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。