プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽でリラックス

安らぎの音

読売新聞より


(3)「好きな曲」が最も効果的

 ふだんリラックスしたい時には、どんな音楽を聴くといいのだろう。1980年代から音楽の効果に着目してきた心療内科医の牧野真理子さんは「基本的に好きな曲が一番」と話す。気分の安定には、音の持つリラックス効果だけでなく、好みや慣れ、文化的背景も影響するからだ。

 牧野さんは、軽いうつ病やうつ状態の入院患者に、好きな曲を聴いてもらった。すると、聴いている時は手などの末梢(まっしょう)皮膚温が上がって血行がよくなり、血圧や脈拍はやや低下、脳波にもリラックス効果が出た。最初は荘厳な曲を選んだ人が、退院が近づくと軽快な曲を選ぶなど、選曲で心の状態もわかった。ちなみに人気の曲は、パッヘルベルの「カノン」やバッハの「G線上のアリア」。

 牧野さんは「健康な人も、朝はさわやかで元気な曲、寝る前は落ち着いた曲と、場面に合わせて聴きたい曲を流すと、気分がよくなりますよ」とアドバイス。ただし、うつなど病気の人にとって、音楽は主たる治療ではなく補助的なものだということは忘れないでおこう。

 特に好きな曲がない人は、鳥のさえずりや小川のせせらぎといった自然音と、それに合うメロディーを組み合わせたヒーリングミュージック(癒やし音楽)を使う方法もある。専門の医師が監修したCDも人気だ。(高梨ゆき子)


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1475-b19963a6

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。