プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイキングと準備運動

ハイキングで元気に

読売新聞より


(3)準備運動を十分に

 舗装されていない、でこぼこ道を歩くハイキング。初心者ほどバランスを崩し、転びそうになる。

 日本登山医学会事務局長で、了徳寺大学(千葉県)教授の増山茂さんは「小またベタ足」が歩くコツだと話す。

 大またにならないよう気をつけながら、足の裏全体で地面を踏みしめる。ウオーキングのように地面をつま先でけって前に進もうとするのは避ける。こうした平地と同じ歩き方ではひざへの負担も大きいという。

 準備運動は十分行っておく。足首を回し、ふくらはぎ、アキレス腱(けん)を伸ばす。体が柔らかいと筋肉が衝撃を吸収し、ケガを防げるという。

 さらに普段からストレッチと筋肉トレーニングを心がけると、ハイキングの歩きは楽になる。上り下りで使う大腿(だいたい)四頭筋(太ももの前の部分)は、上図のように横向きに寝た状態で、ひざを曲げ手で足首を持って後ろに引っ張り、10秒間ストレッチする。さらに、大腿四頭筋の筋トレは下図のように、座った状態でひざ関節の下に小さなクッションを入れ、クッションをひざで押しつけながらひざを伸ばし、5秒間力を入れる。

 「事前の準備でけがのないようにしてほしい。ハイキングでバランス感覚を鍛えておけば、普段の生活でも転倒などを防ぎやすくなるはずです」と増山さんは話す。(崎長敬志)


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1487-76baa17c

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。