プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養豊かに

高齢期の食事

読売新聞より


(1)肉や油脂 老化遅らす

 高齢になると食が細くなり、調理も面倒になりがち。単調な食生活で栄養不足(低栄養)に陥る人も目立ち、問題となっている。「元気で長生き」のための食事とは――。

 「高齢期には、肉や油脂を積極的に取ることが重要。粗食は卒業して下さい」。熊谷修・人間総合科学大教授はこう強調する。生活習慣病を用心しなければならない中年世代と違い、高齢期には個別の病気よりも全身の老化こそ問題となる。それが病気を招き、死亡リスクを高めるからだ。老化の速度は、栄養状態に左右される。

 熊谷教授らの研究によると、栄養状態の指標である血清アルブミン(血中の主要たんぱく質)の数値が高い人ほど、年をとっても歩行速度が低下する割合が小さく、老化が遅かった。また、肉、卵、油脂をよく食べる人は、余暇活動や創作など知的活動の衰えが少なかった。

 栄養状態を良くするには、バランスのよい食事で多様な栄養素を取るのが基本。特に、摂取が減りがちな肉、魚、卵、牛乳、油脂の5食品群を意識してしっかり食べるのがポイントだ。コレステロールが心配になるが、「生活習慣病リスクを乗り越えた高齢期では、コレステロールが高い方が全体の死亡率が低い」と熊谷教授。老化が気になる50歳代から、こうした食生活に切り替えることを勧める。

 なお、太っていても血清アルブミン値の低い人が意外と多いそうなので、ご注意を。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1537-744273e1

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。