プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗腺トレーニング

快汗のすすめ

読売新聞より


(1)風呂で「汗腺トレーニング」

 暑い夏は黙っていても顔やわきの下から汗が出て、不快な気持ちになりがちだ。しかし、多汗症とワキガ治療の専門クリニックを東京・新宿区で開業する五味常明さんは「汗をかくのは良いこと」と説明する。積極的に汗を流して、暑さを乗り切る〈快汗術(かいかんじゅつ)〉を紹介しよう。

 汗は蒸発時に熱を奪う。人間の体は、この仕組みを利用して上昇しようとする体温を一定に保っている。ところが、現代は至る所で空調が利いているため、夏場に汗をかきにくくなった。

 そうなると、汗腺の働きが鈍くなり、代謝が落ちて血行が悪くなる。さらに、冷房病で肩こりや頭痛に苦しむ人も多い。そこで五味さんが勧めるのは、入浴を通じて日頃から汗をかきやすい体質に改善する方法だ。

 まず、43?44度の熱めの湯に、ひざとひじから先を10?15分ほど浸す。その後、お湯を36度前後のぬるめにしてやはり10?15分、半身浴か全身浴をする。湯船につかっている時、足首を動かしたりマッサージしたりすると、汗が噴き出す。

 風呂上がりは空調を使わず、汗をふき取って、体の火照りをゆっくり取る。こうした入浴法は「汗腺トレーニング」と呼ばれる。五味さんは「個人差はあるが、3週間続けると、日を追うごとに汗が出やすくなるので試してみてほしい」と話している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1564-ddcbdf1a

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。