プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚の油と脳の健康

油とつきあう

読売新聞より


(2)魚の脂肪酸 脳梗塞を予防

 一口に「油」といっても、主成分である脂肪酸の種類や量により、様々な特徴を持つ。脂肪酸は、肉や乳製品に多い「飽和脂肪酸」と、植物油に多い「不飽和脂肪酸」とに大別される。不飽和脂肪酸のうち、リノール酸やαリノレン酸などは体内で合成できないため、「必須脂肪酸」とも呼ばれる。

 注目したいのが、αリノレン酸や、その仲間であるエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)だ。特に、魚に多く含まれるEPA、DHAは、心筋梗塞(こうそく)だけでなく、脳梗塞の予防にも効果が期待される。また、他の脂肪を燃やす作用も大きい。

 国が定める「日本人の食事摂取基準」によると、EPA、DHAの望ましい摂取量は1日1グラム以上。魚に置き換えれば1日90グラム以上だ。

 基準作りにかかわった国立健康・栄養研究所基礎栄養プログラムリーダーの江崎治さんは、「1日1食は魚を食べてほしい」と話す。必要量は、マグロのトロなら刺し身2切れ、サンマなら半分、サケなら切り身1切れ、イワシ丸干しなら1匹だ。

 ふだん取っている脂肪酸の多くは、多過ぎても、少な過ぎても健康に影響する場合がある。江崎さんは、「大きな健康被害は出ていないことから、現在の脂肪酸摂取量に問題はない。魚の油は健康によいので意識して取ってほしい。ただ、食べ過ぎれば別の栄養が取れなくなる。バランスが一番」と話している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1632-8c13a9ef

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。