プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートフォンで高齢者見守り

スマートフォンなどで高齢者ら見守り

読売新聞より


熊本・菊池市、来年にも導入
 iPhone(アイフォーン)などのスマートフォンやインターネットなどを活用して高齢者や障害者、子どもらを地域で見守るシステムが、早ければ来年初めにも熊本市や菊池市で運用されることになった。

 全国でも珍しい取り組みで、9月末には、NPOや行政、福祉関係者が熊本市に集まり、推進協議会が発足した。(小笠原瞳)

 NPO法人熊本まちづくり(会長=丸山定巳・熊本大客員教授)が約3年前に考案し、試験運用を重ねてきた。総務省の「地域ICT利活用広域連携事業」に採択され、来年からの本格運用に向けて開発を進めている。

 「ひご優(ゆう)ネット」と名付けたシステムで、インターネット上に福祉総合サイトを開設。見守り支援の申し込みや、高齢者らの自宅を訪問して見守るボランティアの登録ができ、協議会が必要な人材を希望する家庭へ派遣する。

 また、高齢者や子どもに全地球測位システム(GPS)付き携帯電話を身につけてもらい、家族らがサイト上の地図で所在地を確認できる機能も盛り込む。

 高齢者を訪問した介護者が、携帯電話のインターネットやメールを通じてシステムに連絡すると、自動的に家族や主治医らに安否を連絡できるシステムも整備する。

 タッチパネル式のスマートフォンなど最新機器を利用し、お年寄りでも使いやすくするよう工夫する。熊本市の約30万世帯と、菊池市の1万8000世帯を対象に、3600万円をかけてシステムを整える。

 協議会が発足した会合では、今後、携帯電話やインターネットサーバーなどの入札先や運営方法を話し合うことを確認した。協議会会長の丸山教授は「新しい技術を活用し、少子高齢化社会で安心して暮らせるようにしたい。地域のきずなを見直すきっかけにもなってほしい」と期待している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1656-4162f7fb

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。