プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツと食事

スポーツとケガ

読売新聞より


(3)運動後は炭水化物を多く

 けがを防ぐには、疲れを残さないような食事をとることも必要だ。

 プロサッカーチームなどで栄養アドバイザーを務める、管理栄養士の橋本玲子さんは、「疲労回復には、試合や運動後、運動のエネルギー源となるグリコーゲンを蓄えることが効果的」と話す。

 炭水化物は消化吸収されると、グリコーゲンとして筋肉や肝臓に貯蔵される。運動後には、筋肉中のグリコーゲンが少なくなるので、ごはん、パン、めん類などの炭水化物を多くとるよう心がけたい。豚ヒレ肉、ウナギのかば焼きなど、ビタミンB1を多く含むメニューもあわせて食べると、グリコーゲンを効率よく回復することができる。

 運動後は、疲れて食欲がない場合もある。そんな時は、ごはんなどの代わりに、消化に良いバナナや、果汁100%のオレンジジュースで補うと良いという。

 一方、試合や練習の緊張感で、ストレスがたまることもある。精神的な疲労をやわらげるためには、ビタミンB6を含む、鶏ささみ、マグロなどをとることがおすすめだ。

 ただ、試合や運動の後の食事以上に、大切なのは、普段の食生活だ。偏食ばかりで、朝食もとらない、といった生活を続けていては、ばてない体をつくることは難しい。橋本さんは、「最低限、ごはんなど『主食』、肉や魚といった『主菜』、野菜など『副菜』を、1日3食、きちんととることが基本」と強調している。(大津和夫)


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1663-5f34f87e

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。