プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳とカルシウム

牛乳の効用

読売新聞より


(2)骨も歯も丈夫に

 牛乳と言えば、カルシウム。骨や歯を丈夫にする働きで知られる。

 カルシウム不足で心配される代表的な病気には、骨がスカスカになって脊椎(せきつい)や大腿(だいたい)骨などが折れやすくなる骨粗しょう症がある。

 日本骨粗しょう症学会などによると、国内の推定患者数は1100万人。女性が圧倒的に多いものの、厚生労働省の患者調査を見ると、男性でも70歳を超えると増えてくる。

 骨も、毎日新陳代謝を繰り返している。成人だと2?3年周期ですべての骨が生まれ変わる。

 高齢期に限らず、骨粗しょう症予防で注目されるのが、子どもの成長期の対策。骨量の変化を調査した近畿大の伊木雅之教授(公衆衛生)は「男子は中学生、女子は小学校高学年でしっかりとした体をつくることが、骨の成長にとって重要です」と説く。特に学校給食で牛乳を飲んだ子どもと、飲まなかった子どもを比較すると、牛乳を飲んだ子どもの方が骨密度が増えていた。

 「牛乳・乳製品には虫歯を予防したり、歯を健康にしたりする効果もある」と話すのは健康科学大の折茂肇学長(老年医学)だ。骨粗しょう症の患者は、歯の抜ける数が多い傾向もあり、閉経後の女性に対する調査では、太めの人の方が骨粗しょう症になりにくく、やせている人は、残った歯の数が少なかった。

 「牛乳を飲み、日光を浴びながら1日30分程度歩くなどの運動をするといい」と助言している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1692-0df91d26

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。