プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体幹を鍛える

柔軟な体を保つ

読売新聞より


(2)体幹鍛え しなやかな動き

 「誰でも鍛えれば体は柔らかくなる」と話すのは、筋肉を研究する東京大の石井直方教授(身体運動科学)。体の柔らかさの指標は関節が動く範囲で、〈1〉骨と骨の連結の仕方〈2〉じん帯などの硬さ〈3〉関節を動かすための筋肉――によって決まる。

 〈1〉、〈2〉は生まれつきもあるが、肩や股などの関節を動かす筋肉は鍛えられる。これらの筋肉を限界近くまで意識して伸ばす運動を続ければ、体は柔らかくなる。

 このほか、石井さんが注目するのは、上半身と下半身をつなぎ、体の柔軟性に重要な「体幹(たいかん)」だ。体幹は首や手足以外の胴体部分を指し、ストレッチなどで鍛えれば、全身を使ったしなやかな動きができるようになるという。

 まずは、腰を固定したまま両腕を胸の前で交差させた上で、背中を丸め、へそをのぞき込むように上半身を前に倒す。しばらくしたら、胸を張って背中をそらしてみよう。

 次に正面を向いたまま上半身だけを左右交互に曲げるストレッチ、さらに上半身だけで後ろを振り向くストレッチも試そう。いずれも、腰を動かさないのがポイントだ。

 高齢者の場合、体が硬いと転んだときに大腿(だいたい)骨を折りやすい。「柔らかい体を保てば体全体のしなやかな動きで、お尻から地面に落ちるなどしてけがを防ぐことができる」と、石井さんは話している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1752-293d5d21

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。