プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリアージ

救急患者の緊急度選別、基準導入13%のみ

読売新聞より


 救急隊員が現場で、搬送の緊急度などについて患者を選別する「トリアージ」の基準を設けている消防本部は全国で1割強に過ぎないことが、総務省消防庁の調査でわかった。

 6割以上は要請があれば患者を搬送しており、119番受信時の選別基準を設けている消防本部も3割以下だった。同庁は、トリアージを実施していない搬送の中には不要不急な事例もあるとみて、緊急度を判定する統一的な基準作りを始めた。

 総務省消防庁は2010年11月、全国802の消防本部に救急搬送時のトリアージ実施状況を聞いた。「基準を設け現場で実施」と回答した消防本部は13%(104本部)、「基準はないが、隊員が現場で搬送の要否を判断」が22・3%(179本部)、「要請があった患者は原則搬送」は64・2%(515本部)だった。

 119番受信時に「基準を設け、トリアージしている」は28・4%(228本部)にとどまった。同庁は、消防法が搬送対象について「傷病者のうち、緊急に搬送する必要があるもの」としか規定していないことや、医学的な検討が必要なことが背景にあるとみている。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1780-492eca62

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。