プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳かきし過ぎに注意

上手な耳かき

読売新聞より


(2)なでる程度で あか取れる

 綿棒、金属製などさまざまな用具があるが、「耳かき」と言われて多くの人が思い浮かべるのは、竹製や木製の「さじ型耳かき」だろう。

 埼玉医大耳鼻咽喉科名誉教授、飯沼寿孝(としたか)さんによると、国内では10世紀の遺跡からも、先がさじ型の耳かき付きかんざしが出土していて、江戸時代には東京・浅草近辺で耳あか取りの商売が行われていたそうだ。

 しかし、こうした「さじ型耳かき」が普及した国は、日本、中国、韓国だけだという。これには、耳あかのタイプが関係するらしい。

 耳あかには、カサカサした「乾性耳あか」と、「アメ耳」などと呼ばれる湿った「湿性耳あか」がある。遺伝的に決まっていて日本人は8割以上が乾性で、中国、韓国にも同様に多い。しかし、世界中の他の地域では湿性が多数派だという。

 「乾性耳あかの方が、カサコソ変な感じがしやすいので、耳をかける『さじ型』が普及したとみられる」と飯沼さん。

 ただ、耳をかく際、がりがりひっかくと、皮膚を傷つけ、炎症や出血を招く。「耳のかき方は、皮膚をなでる程度で十分。それで引っかかってくる耳あかが取れればよい」という。また、耳かき選びは、さじのへりが滑らかなことがポイントだ。

 湿性耳あかで綿棒を使う人もいるが、飯沼さんは「市販品は、日本人の耳と比べて綿が太すぎ、巻きが固いものが多い。太い綿棒を耳穴に入れると、耳あかを奥に押し込んでしまうことがあるので要注意」と話す。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1794-4a499aad

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。