プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻づまりの薬

鼻づまり対処法

読売新聞より


(3)症状、年齢に合わせ薬選び

 鼻づまりを市販の薬でしのぐ人も多い。新製品が次々と発売され、どれを選べばいいか迷うほどだ。

 「様々な種類があるので、違いを知って使い分けて」と、日本薬剤師会中央薬事情報センター部長の向井呈一さん。

 発売されている鼻炎薬には、大きく分けて、〈1〉風邪などの一時的な鼻づまりの症状を抑えるもの〈2〉花粉症など季節によって起きるアレルギー性鼻炎を抑えるもの――がある。

 〈1〉は、数日間だけ使う薬。「よく効くから」と長く使うと、点鼻薬では、かえって治りにくい「薬剤性鼻炎」を起こす可能性がある。内服薬でも心臓・血管系の副作用が現れることがある。

 「大人用の市販の点鼻薬を乳児に使い、急性中毒で意識がなくなった例があります」と向井さん。安易な使用は事故の元だ。

 「小児用」と書いてあっても、15歳未満が鼻炎用内服薬を使うには、保護者の監督がいる。海外で事故の報告があり、厚生労働省が注意を促しているからだ。

 子どもや高齢者、持病を持つ人は、事前に薬剤師に相談したい。向井さんは「誰がどんな症状で、どう使うかを相談して薬剤師に選んでもらった方がいい」と勧める。治療用だった薬が市販薬に転用され、「眠くなりにくい」など特徴のある薬も登場している。薬とうまく付き合えば、鼻づまりのつらさも軽くなりそうだ。(大森亜紀)


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1801-7e2666c9

-

管理人の承認後に表示されます
2011-04-30 10:25 |

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。