プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症末期

認知症末期患者への栄養の補給停止…「家族が要望」43%

読売新聞より


 人工的な栄養・水分補給を受けている認知症末期の患者に対し、その補給を中止した経験を持つ医師のうち、43%が「家族の強い要望」を理由に挙げていることが、日本老年医学会の調査で分かった。

 27日、東京・本郷で開いた同学会のシンポジウムで発表された。認知症患者の延命をめぐる医療者や家族の葛藤がうかがわれる数字だ。

 調査は、昨年10?11月、同会の医師会員4506人にアンケートを送付して実施。認知症末期の患者への栄養補給の実施状況や考え方を尋ねた。有効回答数は1554人。

 それによると、補給の実施経験がある医師のうち、44%は中止経験もあった。中止の理由は、「肺炎や下痢などの医学的理由」(68%)がトップで、「患者家族の強い要望」(43%)、「苦痛が長引く」(23%)が続いた。

 また、いったん導入した補給措置を中止することについて、29%の医師が「法的に問題がある」と回答。医師らが厳しい判断を迫られている現実が浮き彫りになった。

 調査を担当した会田薫子・東大特任研究員は「がんも認知症も、終末期は水すら与えない方が本人の苦痛が減る。それを医師が知らず、家族の意向に任せている傾向がある」と話している。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1804-fdfd6753

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。