プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山の歩き方

里山を歩く

読売新聞より


(2)疲れにくい「小股ベタ足」

 里山歩きはまず、3時間程度の行程から始めると取り組みやすい。適度に起伏があると面白いが、高低差を300メートル以内に抑えると、最後まで楽しく歩き通せる。

 日本登山医学会員で相沢病院(長野県松本市)の形成外科医、千島康稔(やすとし)さんは、歩幅を狭くして足の裏全体で着地する「小股ベタ足」という歩き方を勧める。無駄に疲れず、重心も安定するからだ。

 上り坂では、体重を前の足に移して後ろの足を引き上げる。下り坂では腰を落とし、やや前かがみで膝を軽く曲げることを意識すると、膝への負担も減り、転びにくいという。

 ペースは50分歩いたら10分休むのがいい。里山歩きが良いのは、人里に近いため疲労を感じても、すぐに中止できること。コース選びの際には、途中でバス通りや集落などに抜けられる道「エスケープルート」を、事前に地図で確認しておくと安心だ。

 けがへの準備も怠りなく。千島さんが勧める携帯品は、適度に伸縮する弾性包帯(商品名=エラスコット)。薬局やネットで購入でき、足首や膝などに新聞紙やタオルを当て、その上から巻いて固定すれば、けがの応急処置や疲労軽減に役立つ。

 もう一つは、穴のあいたペットボトルのキャップ。休憩時に水入りのペットボトルのフタと交換して使えば、泥で汚れた手や傷口を洗い流す「携帯水道」になって便利だ。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1809-d7041afd

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。