プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山散策

里山を歩く

読売新聞より


(1)近所の自然でコース作り

 厳しい寒さも緩み始め、木々が芽吹く季節になってきた。春の訪れを感じながら散策し、健康作りにもつなげたいが、登山は遠出しなければならず、準備も大変そうだ。

 「だったら里山歩きはどうですか。風景も楽しめるし、山登りよりも手軽に始められますよ」。こう話すのは、里山歩きのインストラクターで長池公園自然館(東京都八王子市)副館長の内野秀重さん。里山は一般的に人里近くの山や森を指すが、内野さんの定義は集落や農地、河川など半自然的な環境が残された場所も含む。要は近場で「歩いて楽しい場所」すべてがコースになるという。

 ただ、初心者にはコース選びが難しそうだ。内野さんはまず、地図を眺めることを勧める。林のある寺社や自然豊かな公園、丘陵地などを自宅周辺で探し、それらを結ぶようにしてコースを作るといい。自治体や鉄道会社が地元や沿線のウオーキングコースを紹介したパンフレットを活用するのも手だ。

 運動には年齢に応じた最適な心拍数があるが、こだわり過ぎるとせっかくの景色が楽しめない。そこで、仲間と普通に話ができて軽く汗をかく程度を基準にペースを調節する。慣れてくると、鳥のさえずりや道端の草花などにも気づくようになる。内野さんは、「里山歩きは注意力や観察力が鍛えられ、脳も活性化すると思いますよ」と話す。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1810-3a63d5bf

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。