プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地の医療

被災地の病院「外からの支援不可欠」

読売新聞より


 東日本大震災は、地域医療に深い傷を負わせた。復旧までは長い道のりになる。

 岩手県山田町では、地元医療を支えてきた県立山田病院と診療所4か所のうち、診療所1か所を除きすべて被災。町立山田南小学校に仮設診療所が設けられ、支援に入った医療スタッフらが診療している。また、県立山田病院の常勤医2人のうち1人が往診しており、同病院の2階部分では応援に入った大学病院の医師らが、薬の処方を中心にした診療を続けている。

 宮城県気仙沼市の開業医の村岡正朗医師(49)は津波で、経営していた診療所が水没。現在は、がれきの片づけのかたわら、避難所での診療や往診を行っている。市街地が深刻な被害を受けた同市では、34診療所のうち20施設で診療ができていない。「訪問看護ステーションもデイサービスセンターも被災。医療・介護の基盤が根こそぎ破壊されたため、高齢者の健康維持に外からの支援が不可欠な状態だ」と話す。

 東北・関東地方では連日、強い余震が続いており、復旧を妨げている。福島県いわき市では、ようやく復旧した水道が4月11日の余震で再び被害を受け、病院や透析治療施設に車による給水が行われるなど、対応に追われた。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1846-3d0d9270

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。