プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿気対策

省エネ梅雨対策

読売新聞より


(3)窓開け湿気逃がす

 梅雨時は湿度が上がる。湿度が65%以上、気温が25度前後になると、ダニやカビが好む生息環境になる。

 ダニは、死骸やフンなどがアレルギーの原因になりやすい。一部のカビも、人が吸い込むと、ぜんそくやシックハウス症候群を起こしたりする恐れがある。

 北里大医学部公衆衛生学講師の和田耕治さんは「特にダニは、ぜんそく気味の人にとっては発作の引き金にもなりうる。体に直接触れる布団などを中心に、こまめな掃除を心がけてほしい」と話す。

 節約アドバイザーの矢野きくのさんは、湿度対策として、雨がひどくなければ窓を開けるよう勧める。例えば、室内干しをする時は、洗濯物をなるべく広げて扇風機の風を当て、湿気を含んだ風が外に出るように窓を開けるとよいという。また、古新聞を丸めて、干してある洗濯物の下に置くと、新聞紙が湿気を吸ってくれる。押し入れや靴箱も、戸を開けたり、中を整理したりして、湿気を逃がしたい。

 エアコンを使って除湿する場合は、自宅や会社のエアコンの除湿機能が「弱冷房」方式なのか「再熱除湿」なのか確認しよう。「弱冷房」は、弱い冷房運転のことで、湿度とともに室温も下がる。「再熱除湿」は、室温が下がらないよう、空気をヒーターなどで暖めてから出すため、通常の冷房に比べても消費電力が多い。除湿する時、室温が下がっても良いなら、冷房運転の方が経済的だ。

 節電が求められる今シーズン。工夫しながら元気に乗り切りたい。(針原陽子)


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1910-8832d039

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。