プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品で涼を

ひんやり食品の夏

読売新聞より


 夏にうだるような暑さの台所で火を使いたくない、という人も多いのでは。

 そんなとき、役に立つのが“ひんやり食品”だ。レトルトパックのカレーや、お粥(かゆ)など、アツアツが常識の料理でも、常温や冷やして食べるタイプが登場してきた。

カレー
 ハウス食品が6月に夏季限定で発売したレトルト食品「夏のカレー」(150円前後=180グラム)は、温めず、ご飯にかけて食べることを想定している。

 従来のカレーは、温めないと動物性油脂や小麦粉などの材料が滑らかにならなかった。そこで、新商品は低温でもサラリとする植物性油脂を使った。植物繊維で、ざらつかないとろみを出し、常温でも香りが立つスパイスを加えたという。

 調理が面倒になるほど暑いとき、簡単に食べられるレトルト食品は便利だが、猛暑の昨年は売り上げが落ちたという。「お湯を沸かすのに火を使うと、部屋の温度が上がってしまう」(ハウス食品)ことから、今年は、常温で食べられる夏用の商品を出した。

 レトルトパックで製造後1年保存できるため、備蓄用にも使えそうだ。湯沸かしのガスや電気を使わず、エコにもプラスだろう。

お粥、茶漬け

 暑さで食欲がわかないときは、冷蔵庫で冷やして食べるお粥もある。味の素の「冷やしだしがゆ」(140円前後=250グラム)は、「かつおと昆布の合わせだし風味」など2種類あり、レトルトの封を切ってすぐ食べられる。お粥というと、風邪や、寒いときに食べるイメージが強いが、消化に良いので夏バテ気味のときの栄養補給にも適している。

 最近は、冷たい水をかけて食べる「冷やし茶漬け」も普及してきた。永谷園によると、定番商品「お茶づけ海苔(のり)」の売れ行きは、年末年始に次いで夏場が良い。特に、さっぱりとした梅干しや、わさびの味が夏の人気という。

 このほか、冷たい牛乳を混ぜるカップスープなども市販されている。

ドーナツも

 ミスタードーナツは、オーブンで焼き上げた後、冷やして客に出す「ひんやり焼きド」を首都圏や関西などの一部店舗で売っている。従来の油で揚げる製法にはない、ふんわり、もちもちした食感に仕上げたという。

 7種類(168~189円)があり、一番人気はクランベリーをあしらった「デザートチーズ」(189円)=写真左=で、スフレチーズケーキのような、しっとりとした食感がウリだ。(経済部 富塚正弥)


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1926-a94811e3

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。