プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者と飲酒

お酒と付きあう

読売新聞より


(2)高齢者は缶ビール1本

 高齢者はお酒とどう付きあったらよいのか。

 「缶ビール(350ミリ・リットル)1本までにしましょう」

 国立病院機構久里浜アルコール症センター(神奈川県横須賀市)の松井敏史医師は高齢者の1日の飲酒量について、こう呼びかける。

 厚生労働省によると、成人男性で健康に影響を与えない酒の量(1日)は一般的に、ビール中瓶(500ミリ・リットル)1本程度とされる。

 高齢者が飲酒量を少なくすべきなのは、加齢により酔いやすくなるためだ。

 松井さんは「肝臓の働きが低下したり、体内の水分量が減ったりしていて、血中のアルコール濃度が高くなりやすい」と解説する。

 また、脳はアルコールの影響を受けやすくなっているので、少ない量でもひどく酔ったり、転びやすくなったりする。

 高齢者の飲酒で最も気をつけたいのは、退職後だ。

 現役時代は、周囲が止めるなど、飲み過ぎに歯止めをかけられる。また、翌日が仕事だと、適当に切り上げるきっかけにもなる。しかし、退職すると、それができない。「飲酒の目的が、仕事のストレス解消ではなく、ただの暇つぶしになってしまう」と松井さん。

 同センターが同市に住む高齢者(1万445人)に行った調査によると、男性の63%、女性の19%が週3回以上、お酒を飲んでいた。全体の約15%は肝臓病などお酒に関連した健康問題を抱えていた。

 松井さんは「ゲートボール大会や地域のお祭りなどに参加し、付き合い程度に楽しく飲酒するのが理想。お酒が主役でない飲み方を工夫してほしい」と話す。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1932-1c74e391

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。