プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひんやり寝具

ひんやり快眠寝具

読売新聞より


 節電が必要で、しかも昨年に続き猛暑が続きそうな今夏には、必需品と言えそうなのが「ひんやり寝具」だ。布団やマット、枕にも優れモノが登場している。

湿気逃がす繊維使用 水温調節で夏冬兼用
 節電には励みたいが、寝苦しくて睡眠不足になるのも困りものだ。社内資格の「暮らしのアドバイザー」でもある西武池袋本店の堀口絵美さんは「ひんやり寝具を使えば、エアコンや扇風機の使用を抑え気味にしても、無理せずに過ごせる」と話す。

 ところで、「ひんやり寝具」は、なぜ、ひんやり感じるのか。触ったときにヒヤッとする「接触冷感」がある繊維などを使っているからだ。冷感を感じるのは、日本化学繊維協会によると、
〈1〉触れ心地が硬めでシャキッとしている
〈2〉繊維中の水分が多い
〈3〉熱伝導率が高い
――といった特徴があるためという。


 西川産業の「エアーサイクロンパッド(バンブータイプ)」は、接触冷感の素材である麻と、竹由来のレーヨンを使い、余分な湿気を吸っては外に吐き出すので寝ている間も爽やかだ。さらに、このパッドの特徴は体積の96%が空気の層で占められている点にある。体の下に空気の層を作って暖まった空気を逃がしている。

 ロマンス小杉のパッド「アイス眠 肌ドライCOOL(敷きパッド)」も、生地に接触冷感素材のキュプラ繊維を使っている。繊維が汗を吸い上げ、空気中に湿気を逃がすので、サラサラ肌を保てるという。

 一方で、麻を使った枕や布団も見直されている。

 高岡の麻素材の夏掛け布団と、たわら枕はシャリシャリとした肌触りが心地よい。サイズも一般的な布団サイズの8分の5と小さめで、暑い日は横長にして足を出して寝ればよい。

 夏は涼しく、冬は温かく、という理想的なハイテクパッドも登場した。

 フランスベッドが7月に発売を始めた冷却・温熱機能付きの「冷暖四季パッド」は、パッド内のシリコン製チューブの中に水が入っていて、この水が循環する。水の温度を15~48度の間で調節ができるので、思うままに温かくも涼しくもできる。電気は使うが、同社によると、夏にエアコンをつけて寝た場合と比べると、4分の1の節電効果があるという。(経済部 伊藤剛)


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/1949-ebf67b0d

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。