プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー治療

アルツハイマー病進行の仕組みを解明 熊本大など

朝日新聞より


 アルツハイマー病の治療に、神経細胞などの表面にある「受容体」というたんぱく質の活動を抑えることが有効とする研究結果を、熊本大、小野薬品工業(大阪市)などの研究チームが10日発表した。同病の治療は症状を和らげる対症療法的なものにとどまっていたが、研究チームは、同社が開発している受容体の阻害薬を活用すれば根本的な治療薬の開発の可能性も高まるとしている。

 水島徹・熊本大大学院医学薬学研究部教授によると、アルツハイマー病は体内の神経細胞にたんぱく質「βアミロイド」が蓄積し、情報伝達が妨げられて症状が進むとされる。研究ではβアミロイドの生成過程に注目。試験管実験の結果、症状が進む際、体内で炎症を引き起こす物質であるプロスタグランジン(PG)E2が、EP2やEP4という受容体と結合してβアミロイドが生成される、というしくみを明らかにした。


科学の進歩や研究者の努力はめざましいですね。
アルツハイマー症の根本的な治療薬はまだ開発されてはいませんが、
近い将来完成するかもしれません。

現在150万人以上が認知症の患者さん、
2025年には倍以上の方がこの病気に掛かるという予測もあります。
超高齢社会日本において治療薬の開発が待たれるところです。

とはいえどんな病気でも治療より予防が大事なのは言うまでもありません。
頭の健康をはじめ、日々の健康管理に「速冴え」お役立て下さい。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/517-284edd9e

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。