プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー治療

異常たんぱく修復の仕組み、奈良先端大グループが解明

読売新聞より


アルツハイマー治療の可能性
 細胞内にたまった異常なたんぱく質を見つけ、それを修復する仕組みを、奈良先端科学技術大学院大の木俣行雄・助教(動物細胞工学)らのグループが解明し、8日付の米科学誌セルバイオロジーに発表した。アルツハイマー病など、異常なたんぱく質が蓄積する病気の治療につながる可能性があるという。

 細胞内に何らかの理由で、立体構造が変形した異常たんぱく質が作られると、センサー役のたんぱく質「Ire1(ワン)」が作動する。これによって、たんぱく質の構造を正常に戻すのを助ける分子「シャペロン」の合成量を増やして修復する。

 センサーたんぱく質は、通常、シャペロンの一種(BiP)と結合して活性化していない。しかし、異常たんぱく質が増えると結合が解けることが知られていたが、センサーたんぱく質がどう活性化するかは不明だった。

 木俣助教らは酵母を使い、シャペロンと分離した、センサーたんぱく質が集合し、その中に取り込んだ異常たんぱく質に直接、結合することで活性化することを発見。活性化したセンサーたんぱく質は、遺伝子に情報を伝え、BiPを含めた修復役のシャペロンの合成を促す。

 木俣助教は「修復機構の各段階が明確になったことで、病気の原因解明や、異常たんぱく質の処理を人為的に調節する方法の開発が進むのでは」と話している。

 シャペロン 細胞内で、できたてのたんぱく質に結合して、正しい働き場所へ導き、熱などで構造が変化したものを修復するたんぱく質。多くが、高温の環境下で生み出される。若い女性が社交界にデビューする際、付き添う年上の女性の呼称「シャペロン」(仏語)にちなむ。


今年に入って認知症、アルツハイマーなどの研究成果が相次いで発表されています。
どういうメカニズムで病気が進んでいくのかが解明されつつあり、対処療法に役立てる事が期待されています。
一方で発症の原因やコントロールの方法は依然研究の余地があります。

65歳以上の高齢者が全人口の22%を占める超高齢社会日本。
もはや他人事として済ます事は出来ない問題です。

メキキリンクの「速冴え」は時流を見据え、頭の健康に貢献できる素材を
贅沢三昧に含んでいます。
皆さんの健康管理にお役に立てます。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/533-4c08361f

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。