プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気ウォッチャー

景気ウオッチャー調査:1月の街角景況感、下げ幅過去最大 10カ月連続悪化

毎日新聞より


 ◇前月比4.8ポイント低下

 内閣府が8日発表した1月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景況感を示す現状判断指数は前月比4・8ポイント低下の31・8と、10カ月連続で低下した。原油高や食料品価格の上昇に加え、年明けの株価下落や中国製冷凍ギョーザの中毒事件で消費意欲の冷え込みに拍車がかかった。4・8ポイントは比較可能な01年8月以降で最大の下落幅。生産・輸出をけん引役に現在の景気拡大局面は2月で7年目に入ったが、市民が肌で感じる景気の実感は、厳しさを増す一方となっている。

 指数の水準は、現在の景気拡大局面が始まる前の01年12月(31・6)以来、約6年ぶりの低水準。良しあしの判断の分かれ目となる50も10カ月連続で割り込んだ。先行きの判断も悪化に歯止めがかからず、内閣府は基調判断を前月までの「景気回復の実感は極めて弱くなっている」から「一段と弱くなっている」に下方修正した。

 指数を構成する家計関連指標では、飲食が前月比10・8%減と最大の下落幅を記録。「客に経済的な余裕がなくなっており、来店が途絶えている」(東海・一般レストラン)などの報告が相次いだ。

 また冷凍ギョーザ中毒事件の発生で「中国産の食品全般への不信感が増し、小売業にとって逆風」(東北・スーパー)など消費意欲減退を懸念する指摘も目立った。【三島健二】


景気拡大7年維持の掛け声とは裏腹に、
消費者レベルの指数はどんどん悪化しています。
消費の冷え込みはサービス業や小売業を直撃し、賃金も下がる、
更に消費が冷え込むという悪循環に陥りがちです。
先行きの不透明感が消費者の財布の紐を一段と固くさせています。

メキキリンクは天下布等を合言葉に、
格差社会に広がる倦怠感、絶望感に対抗し、
関わる皆様が健康、経済の両面で更なる活力を得て頂ける様
応援させて頂いています。


http://www.nbtt.jp/mekiki/vision.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/656-be096a7a

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。