プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボ健診

特定健診・保険指導…メタボ防いで 医療費を削減

読売新聞より


 4月から、高齢者医療確保法に基づく新しい健康診断制度「特定健診・保健指導」が始まります。内臓脂肪に高血圧、高血糖が加わった「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)を防ぐことで、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)などの生活習慣病を減らし、医療費削減につなげるのが目的です。

 特定健診は、40?74歳の人(妊婦などを除く)が対象で、従来の基本健診の項目に加え、新たに腹囲測定などが導入されます。腹囲や体格指数(BMI)が基準以上で、血糖、血中脂質、血圧が基準値を超えると、超えた数や喫煙の有無に応じて保健指導を受けなければなりません。

 保健指導には、基準値以上の数が多い人向けの「積極的支援」、多くない人向けの「動機づけ支援」があります。

 積極的支援は、保健師や管理栄養士らと面接し、腹囲や摂取カロリーなど具体的な目標を設定。3?6か月にわたり食事の改善や運動に取り組み、電話やメールで継続的に指導を受けるというものです。動機づけ支援は、初めに1回面接を受け、半年後に生活習慣が改善されたかどうかの評価を受けます。

 特定健診・保健指導の実施は、医療保険者に義務付けられ、受診者が少なかったり、指導効果が見られなかったりすると、その保険者には罰則として高齢者医療制度への支援金が増やされることになります。

 新制度では、組合健康保険など被用者保険の加入者は職場等で、市町村などが運営する国民健康保険の加入者は地元で受診することになります。

 専業主婦など被用者保険の扶養家族は、これまでは市町村の健診を受けることになっていましたが、今後は被用者保険の健診の対象者となります。ただ、職場まで行けない場合は、組合健保等に受診券を発行してもらい、国民健康保険の健診を受けられます。

 現在、メタボリックシンドロームの人と予備群は、40?74歳(約5400万人)で約1900万人と推計されています。国は、こうした取り組みにより、2015年度までに25%削減することを目標に掲げています。(本田麻由美)


生活習慣病を減らし、医療費を削減する目的で
いよいよ来月から「特定健診・保健指導」通称「メタボ健診」がスタートします。
数値に引っ掛かると指導の対象になったり、
組合単位で受信者が少なかったり改善が見られないと負担金が増やされるなど
半ば強制力を伴うような制度です。

一方である調査では、今回の基準で男性の94%、女性の83%が何らかの異常を指摘され、
受診者のうち男性の6割、女性の5割は、医療機関の受診を勧奨されるというデータも。
また専門家は「健診対象者5700万人のうち3000万人が受診することになり、
診察料だけで5兆円が必要になる。投薬すれば、さらに費用がかさみ、医療費はむしろ増える」
と予測もあります。
人手や費用をかけても、「保健指導の期間が終われば、元の生活習慣に戻り、
効果が長続きしないのではないか」と不安の声も。

日々の健康管理が大切なのは言うまでもありません。
メキキリンクの「速冴え」で、ケアして下さい。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/704-1b368790

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。