プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤立死予防

孤立死予防…安否確認や見守り 欠かせぬ地域支援

 一人暮らしの高齢者などが、地域から孤立した状態で亡くなる「孤立死」が問題になっています。

 高齢者の孤立死は、1995年の阪神大震災の際、クローズアップされました。誰にも看取られずに亡くなるリスクは、高齢化や核家族化が進み、単身あるいは夫婦だけで暮らす高齢者世帯が広がっている現在では、ますます高まっているといえます。

 高齢になると、病気や障害などで家の中に閉じこもりがちになります。中には、死後、数か月から数年たって発見されることもあります。「老老介護」などで、介護している人が急死したために、介護を受けていた高齢者が孤立して亡くなるという痛ましいケースも報告されています。

 孤立死の危険があるのは、高齢者だけではありません。千葉県松戸市にある団地では、2001年に、離婚して一人暮らしの59歳の男性が、死後3年たって発見されました。失業で経済問題などを抱えがちな中高年男性に、孤立死の危険性が高いという指摘もあります。

 孤立死を防ぐため、厚生労働省は昨年度、「孤立死ゼロ・プロジェクト」に取り組み、全国78か所で、住民による見守り活動や、緊急時の消防通報システムなどのモデル事業が行われました。

 また、有識者による「高齢者等が一人でも安心して暮らせるコミュニティづくり推進会議」を開催し、先月末に報告書がまとまりました。

 報告書では、気軽にあいさつを交わしたり、さりげなく社会参加を促すことができるような地域社会づくりを提案しています。孤立の恐れのある人の情報を集めた台帳づくりや、電気やガスなどの使用状況を感知する安否確認システムの活用など、具体的な対策も盛り込んでいます。

 孤立死をテーマにしたシンポジウムを開催したり(東京都新宿区)、単身高齢者を対象に、絵手紙を使った安否確認を行っている自治体(岐阜県飛騨市)もあります。

 中には、孤立しても、支援を望まない人もいます。地域とのつながりを強めつつ、適度な距離をおいて見守る仕組みが必要です。高齢者自身も、地域と積極的にかかわりを持つ意識改革が求められています。(飯田祐子)


その昔は、向こう三件両隣という言葉通り、
お互いのやり取り、コミュニティがありました。
今は都市部でも住宅街でも、プライバシーが優先され、
隣の人の顔も知らないという状態も見られます。
高齢化社会の中、助け合いの気持ちが再び醸成されないと、
公的な助成やサービスには限界がある以上、問題は増える一方です。

メキキリンクでは天下布等の考え方で、
関わる皆様が健康とビジネスの両面で充実した輝きある人生を送られるよう
サポート体制を整えています。
是非オンラインセミナーに参加して下さい。


http://www.nbtt.jp/mekiki/seminar.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/731-316d5f01

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。