プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出生率微増も出生数は減少

出生率上昇1.34で0.02ポイント改善
出生数は再び減少 07年人口動態


読売 新聞より


 厚生労働省は4日、2007年の人口動態統計(概数)を発表した。

 合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の数に近い推計値)は1・34と前年より0・02ポイント改善し、過去最低の1・26を記録した05年から、2年連続で上昇した。生まれた子供の数である「出生数」は前年より約3000人減り、6年ぶりに増加に転じた前年から再び減少した。厚労省は「合計特殊出生率は回復しても、出産世代の女性が減り、出生数を押し下げた」としている。

 07年の出生数は108万9745人で、前年比2929人減の微減となった。20代の出産が前年に比べて減ったのに対し、30代後半の出産が増え、人口の多い30代半ばの団塊ジュニアの出産意欲が高いことなどが、出生数を下支えした。

 また、第1子、第2子の出産が前年より減ったものの、第3子以上の出産は2年連続で増加した。

 死亡数は前年比2万3830人増の110万8280人で、5年連続で100万人台となった。このうち、自殺による死亡数は3万777人で、2年ぶりに3万人を超えた。

 出生数と死亡数の差である自然増加数は1万8535人のマイナスで、前年は増加に転じた日本の人口は再び「自然減」となった。死亡数は今後も伸びる見通しで、人口の減少傾向が続くという。

 婚姻件数は、前年より1万1170組減の71万9801組で、再び減少に転じた。平均初婚年齢は男性30・1歳、女性28・3歳で、ともに0・1歳ずつ上昇し、晩婚化が進行している。


出生率とは女性が生涯で子供を生むと予測される数値です。
子供を生む環境が整うとこの数値は改善されるとも言われます。
一方で出生数は減っていて、日本は人口減少社会となっていきます。
負担と給付のバランスも含め、難しい局面になっていきますね。
少子高齢化の中で、格差が広がり、不透明感漂う時代です。

メキキリンクでは「天下布等」を掲げ、格差社会の中で平等にチャンスを掴む仕組みとノウハウを
提供しています。
詳しくはホームページ、オンラインセミナーでご確認下さい。


http://www.nbtt.jp/mekiki/seminar.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/775-7e32b5e1

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。