プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田首相、退陣表明

首相の退陣表明、日本経済に新たな不安材料浮上

読売新聞より


福田首相退陣
 福田首相の突然の退陣表明によって、景気後退局面に入ったとされる日本経済に新たな不安材料が浮上した。

 先週末に決定した総合経済対策をはじめ、福田政権が取り組んできた経済政策は、実施へ向けた手順が混乱する恐れもある。新政権が衆院解散、総選挙をにらんで“バラマキ”政策を強めれば、財政再建路線や構造改革路線の後退と受け止められ、海外投資家などからの信頼も失いかねない。首相の辞任表明でもたらされた政治空白をできるだけ短期間で終わらせ、しっかりした景気回復への道筋を国民に示すことが何より求められる。

 ◆ショック隠せず

 「先週末までの大騒ぎは何だったのか」

 総合経済対策の取りまとめに忙殺された財務省の幹部は、首相辞任を知り、ため息をついた。

 福田政権は先週末、景気の下支えと物価高への対応を狙った総合経済対策を決めたばかり。首相は1日の記者会見で「経済については特に重視しなければいけないという思いがあった。経済対策をしなければいけないということで、いろいろと考えをめぐらせていた。それが先週末に一応の決着をみた」として、“区切りの退陣”を強調してみせた。

 しかし、総合経済対策は、福田首相の指示で策定を急いだだけに、「司令塔」の突然の退陣に政府内のショックは隠せない。

 首相が辞任を決意した背景には、政権基盤の脆弱さに加え、経済政策の手詰まり感が強まったこともある。総合経済対策を取りまとめたものの、公明党に所得税と住民税の定額減税をのまされたことで、財政健全化路線の凍結を迫られる可能性が強まっていた。

 ◆再建路線修正

 福田首相は退陣の理由の一つとして、臨時国会を前に「体制を整えたうえで臨むべきであると考えた」と語り、新布陣で今後の経済運営に取り組む必要があるとの見解を示した。だが、新政権に、現政権の経済運営が混乱なく速やかに受け継がれるかどうか微妙だ。

 例えば、ポスト福田の最有力候補とされる麻生自民党幹事長は、2011年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する財政健全化目標の先送りを唱えている。仮に麻生政権が誕生すれば、次期衆院選に向け、一気に財政再建路線の大幅修正に踏み出す可能性を指摘する声もある。

 財政支出を拡大し、景気に「カンフル剤」を打つ政策は、一時的な景気の下支え効果が期待できたとしても、財政再建路線の放棄は長期金利の上昇などの形で、かえって景気に悪影響を及ぼす可能性もある。

 また、政府が直面している経済政策上の課題には、基礎年金の国庫負担割合引き上げの財源をどう手当てするかなど、財政再建への目配りなしでは取り組めない問題も多い。

 安倍前政権に続く福田政権の唐突な幕引きによって、日本の経済運営に対する海外からの信頼も大きく揺らぎかねない。

 新政権は、対外的には日本経済に対する国際社会からの信認回復が求められる。国内では、総合経済対策の実行や税制の抜本改革の議論などに向けて、国民の信頼をどう取り戻すかが問われる。ポスト福田政権には、国内外で極めて高いハードルが待ち受ける。


首相の突然の辞任表明には驚きました。
前首相に続いて、またも唐突な、投げ出しともとれる退陣表明に批判が集まっています。
多くの国民は自分の生活を投げ出す事無く、様々な問題に取り組んでいます。
最後までやり遂げる、辞める位の覚悟があるなら精一杯取り組んでもらいたい気もしますが、
あらゆる面で追い込まれていたのでしょうか?
いずれにしても混沌とした、先行きの見通しがたちにくい混乱はしばらく続きそうです。

大きな政治、経済の流れが、直接我々一人一人の暮らしにダイレクトに関わる時代です。
メキキリンクでは、関わる皆様と力を合わせ、平等にビジネスチャンスを掴める
「天下布等プラン」を提供しています。
お互いの人間関係を良くする、協調体制を築き易いビジネスの仕組みです。
詳しくはホームページ、オンラインセミナーでご確認下さい。

http://www.nbtt.jp/mekiki/index.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/864-2a4e4c1b

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。