プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化するiPS細胞

がん化の恐れ減らす、iPS細胞の作製に成功

読売新聞より


 さまざまな細胞に変化できるマウスの新型万能細胞(iPS細胞)を、がん化の恐れを少なくする手法で作製することに米ハーバード大などの研究チームが成功した。

 世界で初めて開発した山中伸弥・京都大教授とは別のウイルスを用いるもので、より安全な再生医療の実現に道を開く成果。26日、米科学誌サイエンス電子版に掲載される。

 山中教授のiPS細胞の作製法は、皮膚細胞に3?4種類の遺伝子を組み込んだレトロウイルスを感染させる手法。レトロウイルスを使うと、導入された遺伝子は、皮膚細胞のDNAに組み込まれてしまうため、DNAが傷ついてがん化する危険性が指摘されていた。

 ハーバード大チームは、細胞に感染してもDNAを傷つけないアデノウイルスを使用。アデノウイルスに4種類の遺伝子を組み込み、マウスの肝細胞に感染させたところ、50万個のうち3個がiPS細胞に変化した。皮膚細胞では、iPS細胞はできなかった。肝細胞はアデノウイルスが感染しやすいため、外部遺伝子が効率良く細胞内で働き、iPS細胞の作製成功につながったと見られる。

 研究チームは「より安全な細胞を患者から作ることができる」と指摘している。


細胞レベルで様々な治療が行えると期待される研究が日進月歩ですね。
このような医学の進歩は望ましい事ですが、
実際に誰でも医療サービスとして受けられるようになるにはまだ期間が掛かるのでしょうか?
再生医療の分野は進歩が目覚しく、例えば指先数センチを失った場合でも、
近くの薬局で「再生用の絆創膏」を購入し貼っておくだけで再生するという事も、
研究レベルでは既に可能なのだそうです。

メキキリンクの「速冴え」は、日々の健康を維持し、サポートする
贅沢三昧の素材構成が自慢です。
日本におけるサプリメントの歴史はまだまだ日が浅いですが、
既に本当に良いものが生き残るだろうと言う淘汰の時代とも言われます。
世界一ともいえる消費者の意識の高さが、そうさせているのかも知れません。
詳しくはオンラインセミナー、今日26日午後2時?「商品説明会」で、
本社講師がプレゼンいたします。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seminar.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/888-d6384458

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。