プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱力の効果

脱力のすすめ

読売新聞より


(1)緊張と弛緩 落差を意識

 大事な場面で緊張している人に、よくこんな言葉がかけられる。「肩の力を抜いて!」。無駄な力を抜いてリラックスできれば、心身ともに元気になれる気がする。しかし、これが意外と難しい。「脱力」の効用とコツを紹介する。

 東邦大医療センター大森病院(東京都大田区)の心療内科では、ストレスによる体の不調に悩む「心身症」の患者を診療する。講師の端詰勝敬さんによると、体のこりや張り、特に肩こりを訴える患者が多い。

 人間は、身の危険や大きなストレスに直面すると、自律神経の働きで一時的に血液を全身に行き渡らせ、筋肉を緊張させる。狩猟生活だった太古の昔から身につけた、重要な体の働きだ。

 しかし、現代社会で慢性的なストレスにさらされ、逃げ場がないと、筋肉は緊張し続け、血流は減少、体のこりが生じる。さらに自律神経のバランスが大きく崩れると、心身症になってしまう。

 「こうした人の多くは、力の抜き方が分からないようです」と端詰さん。そこでお勧めなのが、「筋弛緩法」だ。

 やり方は簡単。首、肩、腕、足など、体の各部位で力をギューッと入れ、だらんと抜く。緊張している感覚と力が抜けた感覚、その落差を味わってみる。気に入った部位だけでも毎日数回練習すれば、体の緊張に気づいた時に上手に力を抜けるようになるという。

 端詰さんらは、片頭痛患者10人に、筋弛緩法と、首の筋電図と手の指の皮膚温の変化を見ながらリラックスのコツをつかむ「バイオフィードバック療法」を行ってもらった。すると、何も行わなかった患者7人より頭痛の症状が改善した。

 端詰さんは「通勤電車などどこでもできるのがいい。ただ、首などを痛めている時は無理しないで」と助言する。


(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/913-45bb7f2d

火災保険・地震保険

火災保険や地震保険の特徴、どんなときに支払われるのか等について簡単に解説
2008-10-21 13:43 | わかりやすい火災保険・地震保険

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。