プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱力と運動能力

脱力のすすめ

読売新聞より


(3)上体を倒し感覚磨く

 スポーツや武道の世界では昔から、「無駄な力を抜け」と言われる。なぜだろうか。

 筑波大学大学院准教授の木塚朝博さん(体育科学)は、運動習慣のない学生73人を対象に次の実験を行った。

 いすに座り、10秒間、素早く足踏みする。この時、両手に500グラムの重りを持って肩をすくめた場合と、手を開いてだらんと下げた場合とでは、後者の方が明らかに足踏みの回数が多かった。

 木塚さんは「首や腕に力が入ると、足にも余計な力みが入ってしまう。無駄な力を抜けば、体の動きが良くなるのは本当です」と言う。

 ただ、木塚さんらの研究では、無駄な力の量は最大の力のわずか5%前後。横たわって体全体の力を抜くことはできても、動作の最中に無駄な力を感じ、抜くのは難しい。

 昨日も紹介した「野口体操」には、力を入れながら抜き、抜きながら入れる動きがたくさんある。力や重さの感覚が磨かれるため、普段から無駄な力を抜きやすくなる。基本の動きである「上体のぶら下げ」=イラスト=で説明しよう。

 上体を倒す時、急に倒れないように上向きの力を出しつつも、徐々に重力に任せていく。上体が倒れきったら完全に力を抜き、上体が重力の方向に伸ばされるのを感じる。支える下半身には力が入るが、足を伸ばして体の軸(骨)を重力の向きにまっすぐに保てば、力は最小限で済む。

 「野口体操の会」主宰の羽鳥操さんはこう説明する。

 「ちょうど良く力が抜けることは、ちょうど良く力が入ること。この感覚を、時間をかけて味わってほしい」


 羽鳥さんは、東京・西新宿の朝日カルチャーセンターで指導している。詳しくは野口体操のホームページ(http://www.noguchi-taisou.jp/)を。


無駄な力を抜く事によって、効率良く能力を発揮できます。
その為には力を抜きながら入れたり、力を入れながら抜いたりする感覚が大切なようです。
健康法のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

メキキリンクでは、かけがえの無い健康をサポートする
栄養機能食品「速冴え」を提供しています。
贅沢三昧な素材構成が自慢の、製薬会社が作る信頼のサプリメントです。
あなたも是非お試し下さい。


http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/915-4efcee4e

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。