プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲み過ぎに注意!

胃をいたわる

読売新聞より


(1)酒はほろ酔い加減まで

 宴席が続く年末年始は、胃を酷使しがち。胃に優しい暮らし方を紹介する。

 東京消防庁によると、12月は、急性アルコール中毒で救急搬送される人が一年で最も多い。むちゃな酒の飲み方をする人が増える季節だ。

 「忙しい年末は、ストレスがたまったり、風邪をひいたりして胃が弱っている。そんな時の酒の飲み方には、普段以上に注意が必要なのです」。アルコールと消化管の関係に詳しい順天堂大名誉教授の佐藤信紘さんは警告する。

 胃袋では、食べ物を溶かして腸で吸収するため、胃壁から塩酸とたんぱく質分解酵素が加わった強力な胃液が出る。その胃液で胃自体が消化されないよう、胃の表面は粘液でガードされている。

 しかし、ストレスの多い生活や喫煙、一部の風邪薬などに含まれている非ステロイド系の消炎鎮痛剤の服用は、防御役の粘液の出を悪くしてしまう。弱った胃にアルコールの刺激が加わると、炎症や出血などを伴う急性の胃粘膜障害が起きるほか、飲み過ぎて吐くと、胃の上部が裂けて吐血することもある。

 そもそも酒は「ストレスの軽減など利点もあるが、体を傷つけずに飲める“安全域”が意外に狭い」と佐藤さん。
胃に限らず、食道や腸など、消化管のがんには、アルコールの関与が指摘されている。

 適正飲酒は、ほろ酔い期=表=まで。健康寿命のためには、この範囲でとどめておきたい。刺激を和らげるため、いきなり飲まずに胃袋に何か入れてから飲む。チーズなどたんぱく質を含む食べ物は、傷んだ胃粘膜の入れ替わりを促進するのでお勧めだ。アルコール度数が高い酒は必ず薄めて飲むべし。

 限度を超えた飲酒は、腸で悪玉の腸内細菌を増やす。飲んだ翌朝、下痢をしたなら飲み過ぎのサイン。反省しよう。


年末が近づくにつれ、忘年会などでお酒を飲む機会が増える方も多いと思いますが、
どうしても場の雰囲気や勢いで暴飲暴食になりがちです。
分かってはいるけどなかなか・・・という方、健康の為にもなるべく自重しましょうね。
そしてもちろん、飲酒運転などもってのほかです。

多忙な師走を控え、メキキリンクの栄養機能食品「速冴え」是非ご愛用下さい。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/942-c1cf7efc

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。