プロフィール

ダブル.O

Author:ダブル.O
どんなMLMが何十件来ようが、立ち上げ話が何件来ようが
(最低月1件、多いときは3件もネットワーカーの方が私
に話を持ってきます・・・勧誘しやすいのかな?(∂∇∂)?)
ここ数年全て断ってる私がビジネスに


リンク


flash時計「ピアノ」


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

12星座ランキング

オワタ時計

10秒ストップうさぎ時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃がん

胃がん「早期」 内視鏡で完治も

読売新聞より


 日本人のがんで、患者数が最も多い胃がん。死亡者数は肺がんに次いで2位だ。慶応大病院一般・消化器外科教授の北川雄光(ゆうこう)さんは「診断と治療の技術は年々進歩しており、早期に見つかれば治りやすいがん」と説明する。

 がんが胃の内側表面の粘膜、または、その下の粘膜下層にとどまっている場合を「早期がん」、それ以上深く進むと「進行がん」と呼ぶ。

 胃がんのほぼ半数を占める早期がんは、治りやすく、生活の質を下げない治療法を受けられるかがカギになる。

 粘膜にとどまっているがんの多くは、口から胃カメラを入れてがんを取る内視鏡治療で完治が望める。胃を切除しなくて済み、後遺症もほとんどない。超高齢社会の日本では、体への負担の少ない内視鏡治療は今後ますます普及するはずだ。

 内視鏡治療ができない場合は、胃とリンパ節を切除する手術が必要になる。早期がんなら、おなかに小さな穴を数か所開け、器具を挿入して切除する腹腔鏡(ふくくうきょう)手術も可能だ。

 ただし、技術の習得が難しく、技術差がある。日本内視鏡外科学会のホームページ(http://www.asas.or.jp/jses/)に、技術認定医(消化器・一般外科領域)の一覧が掲載されているので、参考にしたい。

 一方、進行がんの場合、治療で治るのは半数だ。手術ができる場合は、胃の切除後に、「S―1」(商品名・ティーエスワン)という抗がん剤を飲むのが標準的な治療法。残っているかもしれない微細ながんをたたき、再発を防ぐのが目的だ。

 手術ができない進行・再発がんでは、S―1と「シスプラチン」という抗がん剤などの点滴の組み合わせで、がんの進行を抑え、縮小を目指す。

 このように、早期がんと進行がんとでは、同じ胃がんでも治療法が異なる。標準的な手術については施設による技術の格差は少ないが、一般的には治療件数が多いほど、多様な症例に対応できる能力があると考えられる。

 読売新聞では、日本消化器外科学会と日本消化器病学会の研修認定施設1064施設に対し、2007年の治療件数をアンケートし、571施設から回答を得た(回収率53・7%)。

 一覧には、紙面の都合で、手術と内視鏡治療の合計が110件以上の施設を掲載、それぞれの件数を示した。地域版では、さらに詳細なデータを掲載した。北川さんは「選ぶなら、複数の治療法を示し、しっかりと説明してくれる医療機関を」と助言している。(山口博弥)


がんの中でも罹患率が最も高いのが「胃がん」です。
命に関わるだけでなく、食生活など生活の質にも重大な影響があります。
医療技術の進歩で、早期発見によって完治率が大きく変わるそうです。
各自治体や保険組合で定期健診が行われていますので、
自分には関係ないと思わず、積極的に活用したいですね。

明日から3連休、ご予定は決まっていますか?
お出かけの際にも、メキキリンクの「速冴え」、
是非忘れずにご愛用下さい。

http://www.nbtt.jp/mekiki/seihin.htm
スポンサーサイト

コメント

スキルス胃がん

とても参考になりました。また寄らせていただきます。
2008-12-14 21:47 | やす #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mekikilink.blog66.fc2.com/tb.php/944-359b1c60

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。